技術の向上に近道はありません。しかし、基本を大切に経験を繰り返すことで必ず目標に到達可能だと信じています!

プロフィール 

ヒロシ

Author:ヒロシ
元本126万円から始めて一時は350万円まで増やすも数度の円高に見舞われ、30万円に・・・
いったんはマーケットからの撤退も考えましたが、欲張らずにやっていこうとスワップ派に転身。
そんな矢先にてきとうさんのブログに出会い、投資手法(RCI3本ライン×ボリンジャーバンド)に感動。投資に対する考え方にも影響を受ける。
何度も痛い目にあったことでようやくチャートの必要性に気づく。
2009年にはFBBさんのブログに出会い、「RCI3本ライン×ボリンジャーバンド」の有効性を再認識し、ぜひとも会得したいと試みるが資産は減る一方。
原因は、手法ではなくルールを守れない自分のメンタルにあると気づき、そんなときに出会ったかなえさんの『メントレ』を受講。
ビクトリーメソッドで「メントレ」実践。
が、最強と謳われるビクトリーメソッドですら、結果を出せず。
というか、ルールを守れない自分に悩む。
ふと見つけたパリス昼豚さんのブログで「検証」の重要性を知る。
検証作業を繰り返すうちに「ダウ理論」に着目。
トレンド時に「ダウ理論」は通用するため、あらかじめトレンドが来ることを予測できるRCI3本ラインを補完する。
ある程度、利益は得られたがRCIではどうしても損切を嫌ってしまう自分に限界を感じる。
基本に立ち返り、移動平均線のみでトレードを始める。
2012年、アドさんのブログに出会い、ライントレードを学ぶ。
2014年、「環境認識」「シナリオ」の重要性を再認識し、RCIでトレード再開。
好きな言葉は「量は質に転化する」
ひたすら「経験」を積み、「経験」が「技術」に変化するのが楽しみです。
このブログで「負け組」から「勝ち組」へと成長していく軌跡をみなさんに伝えられたら幸いです。

ホーム 全記事一覧

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

あけましておめでとうございます!

2010年ですね。

今日は実家の近くの神社に家族で初詣でに行ったのですが、私と妻は「大吉」でした!

今年はブレイクの予感^^。

今年こそは飛躍の年にしたいなと、思っております。

トレードは来週から始めると言うことで、今週はゆっくりするつもりです。

ということで今夜は家族で『Wii スポーツ リゾート』やってるのですが、これは楽しいですね。
Wiiスポーツ リゾート(「Wiiモーションプラス(シロ)」1個同梱)Wiiスポーツ リゾート(「Wiiモーションプラス(シロ)」1個同梱)
(2009/06/25)
Nintendo Wii

商品詳細を見る
 

景色も綺麗で、FXで勝てるようになったらぜひこういうところでリアルに正月を過ごしてみたいもんです^^;


スポンサーサイト
2010/01/01 22:47|未分類CM:2

 

下の2冊はこの正月休みに本屋で立ち読みしていて、つい買ってしまった本なのですがなかなか良かったです。

微差力微差力
(2009/11/24)
斎藤 一人

商品詳細を見る


「プロは微差を馬鹿にしない人のことです。そして、プロとはこだわりです。『どのぐらいこだわるか』なのです」

本当に頭がよくなる1分間勉強法本当に頭がよくなる1分間勉強法
(2008/08/22)
石井 貴士

商品詳細を見る


「ほとんどの人が『1発右ストレート』を狙っています。そうではなくて、『小さなジャブ』をとにかく何度も何度も当てるのです。つまり、1分や1秒で繰り返し何度も復習するのです。」

この2冊を読んでいて、FXにも共通している考え方があり、勉強になりました。
両者とも小さくコツコツを積み重ねることがいかに偉大なのかを書籍の中で訴えてます。
そして、その反復が潜在意識に刷り込まれ、習慣となり、自分のモノになるんですね。

だから「量」をこなすことが大切なんですね。それがいずれ「質」に転化する。
眠っている潜在意識97パーセントが動き出す。
そのためには、ちょっとやそっとの失敗でいちいちへこまないメンタル、いかに自分を励ますことができるかが大切なんじゃないでしょうか。

そんなことを考えながら読んでました。
2010/01/02 13:07|未分類CM:0

 

昨年末の大掃除のときに数年前に使用していた手帳が出てきました。

まだFXを始める以前に下記の熊谷さんの本に影響を受けて、購入したやつです。
ファイロファクス社製のバイブルサイズ手帳です。

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
(2004/03/24)
熊谷 正寿

商品詳細を見る


当時は夢や目標が定まっておらず、この手帳を用いて自分のやりたいことを探そうとしていた時期でした。

久しぶりに当時書いていた「やりたいことリスト」を見てみると、結構実現していてびっくりしました。
ちなみに、このブログを始めたのもその中の一つです。

自分なりに進むべき方向へ前進してるんだなあと安心しました。そして、自分の未来にワクワクしてきました。

やはり夢は常に意識してないと加速しないと思うんです。
今の私の夢はFXが大きく握ってます。
ですので、今年からこの手帳をFXのトレードノートに使おうと決めました。

さっそく文具屋でリフィルも買い、綴じ込みました。
準備完了です^^

2010/01/03 16:15|未分類CM:0

 

年が明けて、3つ記事を書いた後に気付きました。

今年の抱負を書いてなかったことに。。

今年は自立した投資家になるために、まず、何が何でも、

「かなえさんのメントレ」を卒業します!!

これを達成しないことには、始まらないんです。

卒業したその先に何があるのかは見当もつきませんが、そこを避けていては堂々巡りになってしまう。

うん、まずはそこからです。

そこにこだわりたい。

2010/01/04 07:42|未分類CM:0

 

1月4日のトレード

今年最初のトレードは負けトレードでした。

①-12.6pips

②-8.2pips

③-11.1pips

これだけ綺麗な上昇局面でロング3回しているのに、すべて負けとは。。。

最初の青い四角の中でエントリーしていれば良かったのですが、帰宅していませんでしたので無理。

2番目の青い四角が次のチャンスなのですが、入浴・食事後ようやくエントリーしたのが①でした。

MA(青)を割り込んだ時点で損切り。

その後、すぐに大きな陽線が出て、②のエントリー。
これもしばらくしてMAが平行になり損切り。

③はMA3本が収束しているのは分かっていたのですが、再度開き始めることを期待してのエントリー。
しかし、23時の重要指標で損切り。

こうやって後で見返すと、方向があっていてもエントリーチャンスはピンポイントだというのが分かります。

押し目買いできるのは青の囲ったところで、オレンジの囲ったところはトレンドの終焉で静観すべきでした。

③のエントリーは余計でした。反省。






2010/01/05 10:18|未分類CM:0

 

会社の組合の青年部の新年会があり、先ほど帰宅しました。

昨日のトレードは

④-8.6pips

⑤-10.2pips

この2つのトレードは後で見るとフライングでした。
「3本のMAがパーフェクトオーダーを形成してからエントリー」とルール化しているので、レートがMAを突き抜けていてもまだ待つべきでした。

⑥+7.5pips

⑦+14.8pips

⑧+4.4pips

⑨-12.9pips

この4つは含み益がそれぞれ出ては居たのですが、イグジットルールを「MAを割り込むまでは保有」と決めていたので結果として薄利決済となってしまいました。トレンドには乗れていたと思います。
今回、実験的な試みでどこまで利を伸ばせるかやってみました。
やはり、時間をかけてトレンド形成する場合には大きく取れそうですが、短時間の行って来い相場ではあまり利幅は取れないようです。

⑦などは最大50pipsの含み益がありましたので、決済したい気持ちはありましたが、「最初に決めたルールを守ることが利益を出すことよりも、今は大切だ」と自分に言い聞かせて静観しておりました。

結果は芳しくないものの、ルール自体は守れてきたように思います。
後は④と⑤のようなフライングですね。心のどこかに「乗り遅れたくない」という気持ちがあるのは自分でも認めてますので、あとはそれをいかに抑えるかですね。
いや、無理に抑えるのではなくフライングをしてマイナスを出し続けているこの事実を積み重ねることによって、認識は変化していくはずです。
失敗にいちいち落ち込まずにそこから学べばいいんです。そのために失敗はあるのですから。


2010/01/06 22:47|未分類CM:0

 

昨日のトレードは、

⑩+14.8pips

途中、含み益は30pipsにまで達しましたが、現在のルール「MAを割り込むまで保有」を守ったために半分の利益になってしまいました。

トレードの最中にチャートを見ていて、MAに達する前に「ああ、トレンドは終わったかな」とすでに判断できてしまうので無駄に保有してしまった感覚が残ります。

そこで、イグジットルールを変更しようとトレードは止めていろいろ思案していました。

思い出したのが「維新の介さんのブログ」の中で「ボリバンのバンドが閉じかけたらトレンドが終わるサイン」って記事があって、「1σを割り込むまでは保有する」とありました。

ざっと、過去チャートで確認して見たところ、利を伸ばせてましたので来週はこれを採用する予定です。

エントリーについてはMA3本の方が明確なので、今までどおりにして、イグジットはボリンジャーバンドに切り替えてやってみたいと思います。

現時点での自分の課題は3つ。
①エントリーの精度を高める→フライングしない。
②勝率重視でいくのか、損益率重視でいくのかトレードスタイルの決定。
③イグジットルールの決定。

①は、メンタルの問題ですが、「急がなくても利幅は取れる」のだということを自分が認識する必要があります。

②は一番悩んでいるところで、パリス昼豚さんのような勝率を目指したいのですが、正直、今は無理です。
ですので、利小で決済してると勝率がトントンなので、トータルでもトントンかちょいマイナスになるんです。
そうなると、「損小のストップ幅」にもかからないようなところでのエントリーが必要になってきて、また①にも繋がってくるのですが、「そこまでエントリーを厳選するなら、利小では非効率なのでは?」とも思うのです。
その辺で悩んでます。。

③のイグジットは②に依存してきます。利小で行くなら昨日のトレードは20pipsに達した時点でスパッと決済してれば済むのです。ただそれだと勝率を上げていくか、ストップを15pips以下にしないとトータルでは勝てません。
今回のイグジットルールは「利大」の方をチョイスしています。

このルールがうまく機能してくれれば良いのですが。。
あ、そういう神頼みではいけませんね。
自分の目で確認しないと。

この3連休を利用して、過去チャートで検証してみたいと思います
2010/01/09 11:13|未分類CM:0

 

自分のトレード内容を精査してると、自分の弱点が見えてくる。

多いのが、エントリールールになりそうな形でのフライング。

レートがMAを突き抜けて、パーフェクトオーダーの形を待てずにエントリーしていることが多い。

フライングが多いため、上昇トレンドから下降トレンド、またはその逆のパターンの転換期にエントリーして負けている。順張りのつもりが逆張りっぽくなってます。

すべてが負けている訳ではないので、変に自分のトレードの癖になってしまっている。

しかも、難しい位置で入っているのでレートに勢いがないにも拘わらず、イグジットできずにだらだらと保有してしまい、損切りに遭うというパターン。

30分足できっちりトレンドが出ている状況での押し目買いや戻り売りでは短時間で利益が出ているのでチャートの形も分かりやすい。この分かりやすい形を常に待っている訳だが、この形を予測したときに負けトレードとなっている。

これらのフライングエントリーを削っていけばトータルプラスに限りなく近づくはずです。



2010/01/10 09:26|未分類CM:0

 

今日は祭日ということで、朝から参戦!

①+3.2pips

②+0.4pips

③+7.7pips

④-2.0pips

⑤+15.1pips

⑥-0.2pips

⑦+15.5pips

30分足は一日を通して、MA3本がパーフェクトオーダー。

5分足でタイミングを計ってエントリー。

①~④はエントリー後、勢いがなく建値決済や早めの利食いで逃げました。

⑤と⑦でようやく30分足のボリバン+2σで決済。

合計は40pips程度ですので、①のロングポジションをほったらかしで⑦の決済まで保有していたらそっちの方が50pipsでパフォーマンスは上でした。しかし、それはあくまでも結果論。

利食いについては、1σを割り込むことが多く、なかなか難しいトレードとなりましたが、損を小さくしながら15pipsを取れたことには手応えを感じています。

ルールを守りながらも、値動きの勢いに注意して裁量でイグジットしていたのですが、先週までのただルール通りだけだとトータルマイナスでした。ルールを守るだけではなくて、そのルールの中の泳げる部分をチャートを見ながら感じ取る作業が少しずつでも上達していければ、負けトレードを減らすことは可能だと思います。

夜もチャンスがあればエントリーしていきたいと思います。
2010/01/11 18:31|未分類CM:0

 

帰宅してから下げトレンドが発生してるのを確認。

戻り売りで3回エントリー。

⑧+16.7pips

⑨-17.8pips

⑩+10.9pips

ルールは守っているのですが、守ればプラスになるという訳ではないです。
ただ大負けは無くなりましたが。。

⑨が悔いが残ります。

30分足ではレートとMAにかなり開きが出てましたので、いつ反発してもおかしくはない状況でした。
それが分かっていながら、下げの勢いについ「えいやっ」でエントリーしてしまいました。

結局、5分足のMA24を上に抜いたところでストップ約定。

「5分足、30分足両方がパーフェクトオーダー」のルールは守れていても、勝つか負けるか5割の勝率のところでのエントリーでした。

その辺の見極めが今後の課題ですね。

2010/01/12 21:41|未分類CM:0

 

今日はロング3回。

①-9.6pips

②+13.4pips

③+16.7pips

最近、課題を持ってトレードするやり方が身についたせいか、成績が安定してきたような気がします。
年末に30分足を見るようにしたことで、方向を誤ることは無くなりました。

また、「20pips以内で損切る」、言い換えれば「20pips以内で損切るためのエントリーをする」自信は付きました。

課題は、

勝率をどう上げるか?

利益をどうやって伸ばすか?

です。

2兎を追っては欲張りなので、

勝率を上げる方をチョイスしたいです。


勝率を上げるには、

①勢いのあるときのみのエントリーに徹する。
②無駄な保有を無くす。(マイナスになる前に早めのイグジット)


この2つでしょうか。

最近のエントリーは少なくとも、10pips程度の含み益はある訳ですから、変な欲を捨てて勢いのないときは損切る勇気を持っていけば、マイナス決済を減らすことは可能です。

大概、勝ちトレードは短時間が多いので、時間を決めて保有するのも手かもしれません。

また含み益がほとんど無しのまま、負けトレードになるということはよほど方向が間違っていたか、トレンドの転換期にトレードしていたということですから、それは論外です。

利益が出るのを期待して、勢いのないポジションを保有している場合は、負けトレードになる確率が高いので、勝ちトレードの可能性ごと切り捨てる勇気が必要かもしれません。

今日、パリスさんにもそのことを質問しました。
パリスさんは30分、持ち合えばイグジットするそうです。
また、勢いのない時にはエントリーしないようにしているそうです。

私の中に「損小利大」がまだあるために、「利をどうしても伸ばしたい」という気持ちと、「損は極力避けたい」という気持ちが折り合いがついていません。それがトレードに現れるんですね。

片方を手に入れるには片方を手放さないといけないのでしょうね。


2010/01/13 23:46|未分類CM:2

 

今日は今年最初の区の役員会があり、帰宅したのが21時前ということもあって、22時半の指標後にトレード。

④+41.7pips

30分足のバンドが開き始めていたので、勢いが止まるまで保有してみました。
勢いがついているので、保有するのも迷いはなく楽でした
今日は、この1ショットで十分です。

こういうトレードを続けることができるようになりたいですね。

損益率1

このトレードでようやく、損益率が1.0に達しました。
勝率も5割を超えてますので、この調子でがんばります!

2010/01/14 23:07|未分類CM:0

 

今日は、ショートで4回エントリー。

⑤-10.5pips

⑥-12.1pips

⑦-8.8pips

⑧+21.0pips


20100115.jpg




⑤は含み益があったものの、昨日の④の余韻を引きずってか、粘りすぎ。

⑥はMA10が平行になっているのを気づいていたが、5分足で陰線が続いたのでショートしてしまった。

⑦は損切りが早すぎたために、⑧で再度エントリー。


⑧のトレードでなんとか救われたって感じです。。

⑥のエントリー、⑤と⑦のイグジットは反省材料。

パーフェクトオーダーは、エントリーの方向がすでに決まってますので、フライングしがちです。
それが⑥に出ました。

⑤の含み益→損切りってのは「利大」にこだわってた証拠です。10pips程度では確定できない気持ちがありました。

⑦は逆に2連敗した後だけに、大きな損失を避けたいって気持ちから、ちょっと逆を衝かれたことで損切ってしまいました。

まだまだ細部までルール化する必要があるみたいです。

また週末、考えます。。
2010/01/15 23:43|未分類CM:0

 

昨日の3連敗はちょっと、がっくし来てます。。

何が悪かったんだろうと、チャートを眺めてましたが、それほど致命的なミスはおかしていないような気もして。。

ここから、勝率を上げるには何をすればいいんだろう?と考えていました。



ふと、思ったのが損切りした後もトレンドが続いてるケースがほとんどだということ。

大きな流れは見誤ってはいないんです。

私のルールは、「1トレードの目標利益が15pips、最大損切り幅を20pips」を目安としてますので、

そもそも、OCO注文してたらどうだったのか?

今週の直近8トレードで試してみました。結果は以下の通り。

①最大含み損12.9pipsで15pips到達。→実際は-9.6pips

②最大含み損5.0pipsで15pips到達。→実際は+13.4pips

③最大含み損5.7pipsで15pips到達。→実際は+16.9pips

④最大含み損0pipsで15pips到達。→実際は41.7pips

⑤最大含み損19.4pipsで15pips到達。→実際は-10.5pips

⑥最大含み損18.8pipsで15pips到達。→実際は-12.1pips

⑦最大含み損13.8pipsで15pips到達。→実際は-8.8pips

⑧最大含み損3.2pipsで15pips到達。→実際は+21.0pips

計 OCO 120.0pips 実際 52.0pips



なんと、8戦全勝で利益も2倍以上!!

どうやらイグジットが問題だったようです。

イグジットの特徴として、10pips以上の含み損を抱えると損切りに気持ちが切り替わっているのが分かります。。

今回の8トレードの含み損はすべて20pips以内。

エントリーは全然OKじゃないですか!!

来週はこれで行こうかな?

でも、裁量を鍛えるには今までのやり方の方が身に付くのだろうけど。。

悩みますね^^;



2010/01/16 23:16|未分類CM:0

 

先週の残りのトレードについてもOCO注文の場合、どうだったのか検証してみました。

①最大含み損7.4pipsで15pips到達。→実際は+3.2pips

②最大含み損16.1pipsで15pips到達。→実際は+0.4pips

③最大含み損10.4pipsで15pips到達。→実際は+7.7pips

④最大含み損14.6pipsで15pips到達。→実際は-2.0pips

⑤最大含み損0pipsで15pips到達。→実際は+15.1pips

⑥最大含み損11.7pipsで15pips到達。→実際は-0.2pips

⑦最大含み損0pipsで15pips到達。→実際は+15.5pips

⑧最大含み損9.0pipsで15pips到達。→実際は+16.7pips

⑨最大含み損20.9pipsで20pipsの損切り。→実際は-17.8pips

⑩最大含み損5.9pipsで15pips到達。→実際は+10.9pips



⑨のみがロスカットにかかるだけで、残りの9トレードは15pipsに到達してます。

トータルでも、+49.5pips→+115.0pipsとパフォーマンスは倍以上。


今回の検証で、エントリーの精度はそう悪くないことが分かりました。
となると、イグジットが問題なのですが、じゃあ、OCOでやれるかというとそれはそれで結果論に過ぎないような気もしてます。

これだけの勝率(9割)を常に維持できるのであれば、OCO注文でやるのが楽で良いのですが、そうはキープできないと思うんです。そこを目指すってのもあるのですが。。

現時点では、そこまでの勝率を出す自信もありませんので、リスクを考えるのならやはり値動きを見て、持ち合ったら20pipsの損失に達していなくても、または薄利であってもイグジットしていくスタイルの方が良いのかなと。

金曜日の3連敗にしても、小さく損切りしていたために被害は少なくて済みましたし。。
(含み損を我慢してれば3つとも勝ちトレードではありましたが)

それとも、もっと自分のエントリーを信頼して、利益を追求すべきか。


「エントリーよりもイグジットの方が難しい」という言葉を聞きますが、今はよくわかります。








2010/01/17 18:05|未分類CM:0

 

今日のトレード

⑨-20.1pips 試験的にOCO注文で。あっさりとストップに。エントリー時に30分足ですでに2σに達していたため、反発を喰らうのは当然と言えば当然。

⑩+25.6pips きっちり、目標値でイグジット。

①-13.8pips 5分足パーフェクトオーダーの完成を待たずして、エントリーしたのが原因。

②+15.6pips 含み益30pipsからの15pipsイグジット。判断が遅れました。

③+15.9pips 目標値の反発を避け、少し早めにイグジット


利を伸ばすには、目標値が必要ということで、色々と模索してみましたが、やはり30分足レベルでの2σ目標が一番しっくりきます。

ですので、⑨のような2σまでに余地(スペース)が無い場合はエントリーは控えたいですね。

目標を持てば、多少のブレにも惑わされないことが確認できたので、15pipsでやみくもにイグジットしなくても済みそうです。

30分足の2σに到達するかどうかは、それよりも大きな時間足の流れがキーになってきます。
4時間足の大まかな流れ、それを踏まえた上での30分足での目標。

そして、その方向に5分足でのパーフェクトオーダー形成。

この条件でのみ、エントリーすることが大切です。

要はメジャートレンドの方向でトレードするということですね。



2010/01/18 22:01|未分類CM:0

 

今日は昼休みに図書館で本を借りてきました。

イチロー 262のメッセージイチロー 262のメッセージ
(2005/03/11)
『夢をつかむイチロー262のメッセージ』編集委員会

商品詳細を見る


パラパラと捲っただけですが、良い言葉が並んでます^^

「長く続く強い発見は、凡打をして、その凡打の理由がわかったときなのです」

「進化するときというのは、形はあんまり変わりません。
 だけど、見えないところが変わっています。
 それがほんとうの進化じゃないですか」

「考える労力を惜しむと、前に進むことを止めてしまうことになります」



これって、トレードにも通ずるものがありますね。

最初の言葉なんて、『凡打』を『負けトレード』にすればそのまま使えますよね。
負けトレードをして、その理由が分かれば次に繋がります。

次に繋がらないのは、ルールが守れていないから。
最低限、自分で決めたルールは守らないと先に進めないと思います。
でないと、ずーっと同じ課題ですから。。

そうやって、ひとつひとつ自分の負けパターンを把握して、それを減らすにはどうすれば良いか考えて、また次のエントリーに繋げていく。それを繰り返していけば、負けパターンが減っていき、「勝ち」が見えてくるのかなと。。

ぜひ、そこまで到達したいもんです。

さて、今日は残業で遅かったので1トレード。

④+12.3pips 30分足-2σまであまり余地はなかったが4時間足の流れも同じだったので強気でエントリーできた。


2010/01/19 22:51|未分類CM:0

 

⑤-7.8pips
昨日、ブログを書いた後に、ちょっとした30分足隙間を取りに行って、ちょっとの含み益に満足できずに粘りすぎてしまった。

⑥-9.6pips
出勤前にトレード。なんとかトレードしたいと焦ったのか30分足ではMAより上にレートがあるにもかかわらず、ショート。負けるべくして負けた。

⑦+23.6pips
帰宅後に、戻り売り。保有時間が2時間近く、持ち合っていたところでイグジット。その後、目標値まで到達。
50pips取れるトレードだった。


「利大」って目指すべきものがあってこそだと思う。私の場合、2σだが、値動きだけで「利大」って難しい。
必ず、どこかでイグジットしたくなる瞬間が来るんです。
だからこそ、ある程度の目安と言うか、目標が必要になってくる。
でも、「ここまでいくだろう」と考えるのはトレードでやってはいけない予測するってことですよね。

でもそれをしないと、なかなか気持ちがぶれずにチャートを眺めることなんてできないと思うんです。
矛盾してますけどね。

だから、30分足で目標は立てるけど、5分足でその方向に完全にトレンドが発生したと思えるまではエントリーしてはいけないし、エントリーしたら、ある程度はそのエントリーを尊重して、ある意味OCO注文でも良いのかなとも思います。

と言いながら、まだ裁量でイグジットしてますけどね。^^;

追記)23:05

⑧+20.7pips
30分足-1σ反発を確認して、エントリー。目標値まであとわずかのところで反転。20pipsを死守。

指値に届かなくても、「ここまで戻ってきたらイグジットする」という準備は必要ですね。
しみじみ思いました^^


2010/01/20 20:52|未分類CM:0

 

⑨-14.2pips

トレード内容は下図のとおり、エントリー後、外出したためにOCO注文したが、僅か0.3pips到達せず。

帰宅してみるとロスカットに。。

2509.jpg
※黒丸がエントリーポイント

あえて言えば30分足のMAが上向きだったので、時間の経過で-2σの位置が上昇したことが敗因。

エントリー時は勢いもあったので、指値に刺さらずにまさかロスカットになるとは。

勉強になりました。極力、外出時は薄利でも決済すべきですね。
2010/01/21 23:42|未分類CM:0

 

無題

上の表は、資金÷5=通貨数でレバレッジを決めて、週当たり50pipsを安定して取っていった場合のシミュレーションです。

なんと5万円が1年後には、442万円です!88倍です。

しかも1週間で50pipsですので、結構現実的な数字だと思います。

1日10pipsづつを5日で取ってもよし。

勝ったり負けたりを繰り返して最終的に50pipsでもよし。

自信ある個所のみのエントリーで25pips×2回でもよし。

いろんな取り方ができると思います。

ストップも決めておいた方が良いですね。
ストップは20pipsの損切りが5回で100pipsで、そこまで負けて資金の2割程度を失う計算です。

そこまで負ける確率は非常に低いと思いますが、メンタルが乱れればリアルトレードでは何が起こるか分かりませんので100pipsを失ったらデモに戻るように決めておくと良いですね。

しかし、週単位で50pips取れればこれだけ爆発的に資産は増加するんですね。
FXに関してはレバレッジが掛けられるので、本当に焦る必要はないです。
急がば回れの精神で、確実に技術を身につけたいところ。

今日のトレード
⑩+15.1pips 30分足中心線手前での反発を予測して早めのイグジット。

①-8.0pips ダウ理論で損切りしたが、その後狙っていた方向へ。無駄な損切り。

②+15.4pips 狙った-1σに達する前の小反発に心が揺れた。15pips確保。



2010/01/22 22:44|未分類CM:0

 

【今週の成績】

8勝6敗 トータル+70.7pips

勝ち平均+18.0pips
負け平均-12.3pips

勝率57% 損益率1.46

まずまずの成績です^^

というか、この成績を安定して出し続けられるなら、50pipsも取れてますので全然OKです。

ただ内容をみると、避けられた負けトレードも数多くあり、まだまだ改善の余地あり。

最近は、ルールを守ることができてますので、新たな課題に取り組めるようになりました。
その新たな課題をクリアするたびにトレードが良くなってます。
やはり、試行錯誤したうえでの自分で探した課題だけに的を得ている感じがします。

今は他人のトレードが気にならなくなりました。
自分のトレードに集中できていると思います。

よくトレードは「自分を知ることが大切」と言いますが、それは「自分の課題を知ることが大切」ということなんだろうと思います。

『自分の課題を見つけるための作業』、『その課題をどうやったらクリアできるかを考える作業』ができるようになりました。そして、この一連の作業をしていれば、問題は自分で解決できるのだという自信もついてきたように思います。

あとは淡々とその作業に身を委ねるだけです。




2010/01/23 07:55|未分類CM:0

 

先週のトレードをOCO(リミット15pips、ストップ20pips)でやっていたら、どうだったのか検証してみます。

1/18(月)分
⑨-20.1pips(-20.0pipsの損切り)

⑩+25.6pips(-2.8pipsの含み損で15.0pipsゲット)

①-13.8pips(-15.3pipsの含み損で15.0pipsゲット)

②+15.6pips(含み損なしで15.0pipsゲット)

③+15.9pips(-5.9pipsの含み損で15.0pipsゲット)

1/19(火)分
④+12.3pips(-5.2pipsの含み損で15.0pipsゲット)

⑤-7.8pips(-20.0pipsの損切り)

1/20(水)分
⑥-9.6pips(-12.3pipsの含み損で15.0pipsゲット)

⑦+23.6pips(-6.4pipsの含み損で15.0pipsゲット)

⑧+20.7pips(-3.1pipsの含み損で15.0pipsゲット)

1/21(木)分
⑨-14.2pips(-6.5pipsの含み損で15.0pipsゲット)


1/22(金)分
⑩+15.1pips(-12.0pipsの含み損で15.0pipsゲット)

①-8.0pips(-10.0pipsの含み損で15.0pipsゲット)

②+15.4pips(-12.5pipsの含み損で15.0pipsゲット)


トータル+140.0pips 12勝2敗

勝ち平均 +15.0pips

負け平均 -20.0pips

勝率 85.7% 損益率 0.75


この結果を見ると、やはりイグジットが問題だと分かります。
実際が8勝6敗ですから、4つのトレードは勝てる可能性があったということです。

ビビりトレードをしているということでしょう。
思ってるほど、20pipsの逆指値にはかからないものですね。

エントリーはここ1ヶ月でずいぶん精度が上がりました。
30分足を導入したことが、大きかったと思います。

今回の2敗は30分足のボリバンが傾きがあるにもかかわらず、損切りにかかってしまいました。
エントリーした時点で、すでに2σ付近ですので、近い将来反発はありうる状態でした。

こういうポイントは今後は静観していきたいと思います。


今週はOCOの成績との差を縮めたいですね。
常にOCOの成績よりも良いパフォーマンスを出すことを当面の目標とします。
それができた時が、イグジットをモノにできたときと考えて良いのかもしれません。


2010/01/24 06:40|未分類CM:0

 

③-20.0pips

④+0.1pips

⑤+28.7pips


③の負けトレードは、30分足ではMA下抜け、5分足パーフェクトオーダーのルールは守れてるのですが、30分足ボリバンの流れが上向きでした。こういうときってのは-2σまで達しないことが多いです。
-1σを突破したところで反転し、+2σへ。今後、気をつけます。

2603.jpg


かなえさんのメントレも今回の10トレードがルールを守れていれば、リアルトレードをしてもよいとの言葉を戴きました。

今週が最後のデモトレードになるかもしれません。

2月からの実戦に向けて、がんばります!!

2010/01/26 06:54|未分類CM:2

 

⑥+75.6pips
帰宅後、チャートを見ると大きく+2σから-2σまで下げた後、中心線まで上昇。
2度目の下げの途中。
これはチャンスと-1σから-2σまでのワンスパンを狙いました。
フライング気味でしたが、ストップにもかからずにうまく取れました。
最高のトレードができました。

2506.jpg


⑦+0.7pips
⑥のトレード後、-1σからの下げを再度狙いましたが、持ち合ってしまい、建値決済。
しかし、このトレードもイグジット後上昇したため、勝ちに等しいトレードとなりました。

私のトレードは30分足の形が大きく鍵を握ってます。
⑥の形は、見た瞬間に「20pipsのストップにかかるまで保有しても構わない」と思いました。

それだけおいしい形であり、「ここでエントリーせずしてどこでする」ぐらいの気持ちだったんです。
後で思ったのですが、常にこういうエントリーを心がけることが気持ちがぶれないことに繋がるのかもしれません。

実は、昨日の④のトレードはOCO(リミット15pips、ストップ20pips)だったら取れてたんです。
そのときの心理は、
「さっきのトレードで-20pipsだったんで、今回は負けられないな。
    しまったな、もっと自信のある箇所でのエントリーをすべきだった。
                                早くイグジットしたいな。」


と考えていました。デモトレードですら、こういう気持ちが働いてたんです。
ましてや、これからリアルトレードになれば、もっと『迷い』が出てくるのは目に見えてます。

だからこそ、
「さっき負けたけど、今回ここでエントリーしても負けたなら仕方ないよな」
と思えるポイントであれば、イグジットに迷いは生じないんですよね。

そういう意味で、今回の⑥トレードは良いトレードです。
こういうタイミングでこんなトレードに出会えたのも、神様からのプレゼントかもしれません。^^


2010/01/26 22:05|未分類CM:0

 

⑧-0.3pips
30分足の-2σを目標にショートエントリーしたものの、5分足のローソク足に長い下髭が2本連続出ていたので、
あわてて建値決済しました。その後、上昇していったので以前の経験が生きた形に。

⑨+20.8pips
30分足+2σからの反転後、中心線を目指す動きにショートエントリー。ボリバンの傾きが平行だったので、欲張らずにMA21で決済。しかし、その後も大きく下げた。仕方なし。

2月のリアルトレードに向けて、イーバンク銀行からFXTSに5万円入金しました。
そのついでに、トレードに使えるお金を計算してみると、去年も商材を買ってましたので、22万円にまで減ってました。

かなり、崖っぷちまで来てました。ずーっとデモでやってたので、忘れてましたよ。

でも金額は意識せずに、焦らずにコツコツと丁寧なトレードに徹したいとは思ってます。

2010/01/27 23:19|未分類CM:0

 

⑩-9.6pips
エントリー条件は満たしていたが、中途半端な位置でのエントリーとなってしまった。

メントレも26セット目が完了し、先ほどかなえさんにもメールでの報告を済ませました。
かなえさんからGOサインが出れば来週からいよいよリアルトレードです!

demo.jpg
上記は12月からのデモトレードでの成績です。

100トレード近くした訳ですが、まずまずの成績です。
12月中旬くらいまでは、検証したときのような結果が出ず、悩みました。
転機となったのが、30分足を2分割画面として表示してからです。

30分足導入後の結果は以下のとおり。
30m.jpg

損益率は1.4近くあるので、「損小利大」で満足してます。欲を言えば勝率をもう少し上げていきたい。
これによって、無駄なエントリーが減りましたし、またイグジットの目標を立てることができるようになりました。
その結果、15pips以上の勝ちトレードが増えました。損益率がアップしたのはそういう理由からだと思います。
勝率がなかなか上がらないのは、エントリーが良くても10pips以上の含み損でオタオタしているところがあるからです。この辺を改善していけば、もう少し良くなる余地はあると思うのですが。。

なにはともあれリアルトレードでも、この調子で行きたいです。
まだまだ発展途上ですからね。リアルをしながらも技術を磨くことを念頭に置いてがんばります。

切りがいいので今週はここでトレードは止めて、来週に備えます。
というか、明日は職場の飲み会なんですよ^^;


2010/01/28 22:42|未分類CM:0

 

今週の反省をしてみました。

・MA24を割り込むのを待てずにイグジットしてしまい、その後思惑の方向へ動いている。
→ちょっとの持ち合いでもいちいちイグジットせず、MA24を割り込むまでは保有すべき。

・30分足バンドのラインに達するまで粘れなかった。
→これはバンドに方向性のない平行の場合によくあることで、15pipsを確保したいという気持ちが根底にある。ラインに到達せずに反発するケースも多々あるので、これは仕方ない。

・ボリバンの流れと逆方向のエントリーをしてしまい、あっさりと20pipsの損切りに遭ってしまった。
→MAを下に突破していてもボリバンの傾きが上方向なら、再度上昇する可能性が高い。
 こういった条件でのショートエントリーは避けるべき。(ロングも然り)

・-2σにタッチした後の-1σからの戻り売りをしたが、持ち合った挙句、上昇へ。
→今週はこのパターンで2回やられました。30分足の流れと5分足のパーフェクトオーダーで一見OKなのだが、トレンドの終焉であることが多く、中心線まで上昇することが多い。これは要注意パターン。


ざっと挙げると、以上です。
すぐに解決できるのもあれば、やっかいなものもありますが、こうして意識させておくだけでもずいぶんと違います。
リアルマネーになれば、今までのデモトレードとは違って、負けましたでは済まされません。

準備はしっかりとして、臨みたいと思います。
2010/01/30 11:04|未分類CM:0

 

昨日は昼から職場の組合の交流会で、息子と市内のオートキャンプ場に泊まりに行ってました。

グランドゴルフを回ったり、温泉に浸かったりでリラックスできて良かったです。

今朝、自宅へ戻りパソコンを開いてみると、かなえさんからメールが来てました。

リアルへのGOサイン出ました!!

26セット目にして、ようやくここまで来ました。素直にうれしいですね。

1月も今日で終わりですが、今までになく手応えを掴めた月となりました。

満を持して、リアルトレードに臨めます。

1月の成績をまとめました。

【第1週】
トータル -22.1pips 4勝6敗
勝ち平均 +10.37pips
負け平均 -10.60pips
損益率  0.98
勝 率  40%


【第2週】
トータル +126.1pips 11勝7敗
勝ち平均 +15.8pips
負け平均 - 6.9pips
損益率  2.3
勝 率  61%


【第3週】
トータル +70.7pips 8勝6敗
勝ち平均 +18.03pips
負け平均 -12.25pips
損益率  1.47
勝 率  57%


【第4週】
トータル +96.0pips 3勝2敗3分け
勝ち平均 +41.7pips
負け平均 -14.8pips
損益率  2.82
勝 率  60%

第1週はイグジットの形にまだ迷いがあり、含み益を得ていても結局は薄利での決済も多かった時期でした。
そのときに課題を設定して、取り組んだことでその後、成績も利を伸ばすことができるようになりました。

今は他人のトレードよりも自分のトレードを磨くことに対して、関心があります。
リアルで勝つか負けるかはやってみないと分かりませんが、少なくとも今のスタンスでやっていくことで自分を前進させる自信は持ってます。ようやく、ここまで来ました。ここからです。本番は。。









2010/01/31 11:04|未分類CM:4

ホーム 全記事一覧

月別アーカイブ 

最近の記事 

最近のコメント 

相互リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

名言 

FC2カウンター 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

Copyright(C) 2006 目指せ!FXWINNER!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。