技術の向上に近道はありません。しかし、基本を大切に経験を繰り返すことで必ず目標に到達可能だと信じています!

プロフィール 

ヒロシ

Author:ヒロシ
元本126万円から始めて一時は350万円まで増やすも数度の円高に見舞われ、30万円に・・・
いったんはマーケットからの撤退も考えましたが、欲張らずにやっていこうとスワップ派に転身。
そんな矢先にてきとうさんのブログに出会い、投資手法(RCI3本ライン×ボリンジャーバンド)に感動。投資に対する考え方にも影響を受ける。
何度も痛い目にあったことでようやくチャートの必要性に気づく。
2009年にはFBBさんのブログに出会い、「RCI3本ライン×ボリンジャーバンド」の有効性を再認識し、ぜひとも会得したいと試みるが資産は減る一方。
原因は、手法ではなくルールを守れない自分のメンタルにあると気づき、そんなときに出会ったかなえさんの『メントレ』を受講。
ビクトリーメソッドで「メントレ」実践。
が、最強と謳われるビクトリーメソッドですら、結果を出せず。
というか、ルールを守れない自分に悩む。
ふと見つけたパリス昼豚さんのブログで「検証」の重要性を知る。
検証作業を繰り返すうちに「ダウ理論」に着目。
トレンド時に「ダウ理論」は通用するため、あらかじめトレンドが来ることを予測できるRCI3本ラインを補完する。
ある程度、利益は得られたがRCIではどうしても損切を嫌ってしまう自分に限界を感じる。
基本に立ち返り、移動平均線のみでトレードを始める。
2012年、アドさんのブログに出会い、ライントレードを学ぶ。
2014年、「環境認識」「シナリオ」の重要性を再認識し、RCIでトレード再開。
好きな言葉は「量は質に転化する」
ひたすら「経験」を積み、「経験」が「技術」に変化するのが楽しみです。
このブログで「負け組」から「勝ち組」へと成長していく軌跡をみなさんに伝えられたら幸いです。

ホーム 全記事一覧

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

①+1.3pips

②+0.6pips


①がショート、②がロングでした。

どちらも、レートに勢いなしで持ち合っていました。結局、建値決済。
こんな相場では仕方ありません。

日足レベルでは-2σから-1σへ上昇中ですが、4時間足レベルでは下向きのMAに抵抗に遭い、なかなか上抜けできない状況にありました。

ですので、①は30分足が+2σからMAまでは下げたのでショートしましたが、下抜けず。
今度は②で30分足MAから+2σの動きに乗ろうとロングしましたが、4時間足のMAのため持ち合ってしまいました。

微妙な相場でしたので5分足レベルでもパーフェクトオーダーが長く続かずにダマシに遭いやすい状況でした。
深夜にかけて、どちらかに動きそうですが、月曜日ですのでそこまで待てません。

今日は引き分けで良しとします。


スポンサーサイト
2010/02/01 22:50|未分類CM:0

 

【リアル2日目】

③-20.2pips ショート

④-22.2pips ロング

⑤+22.5pips ショート


ようやく⑤で救われましたが、今日は30分足MAが平行で判断がとても難しかったです。
④のロングなんて、完全に5分足の値動きに騙されました。

MA平行は±2σでの逆張りが有効なのは分かってるのですが、現在は自分の手法に組み込んでいないため、あえてトレンドフォローで勝負しました。

やはりMAが傾いていないと、節目に到達せずに反転することがあるので怖いところがあります。

今週は難しいなあ。。気のせい?




2010/02/02 23:18|未分類CM:2

 

やはり、昨日は難しい相場だったみたいですね。

あのfavoriteさんもブログの中でそのようなことをおっしゃってましたし。。

やはり手を出すべきじゃなかったな~。

気を取り直して、リアル3日目です。


⑥+19.8pips ショート

今日は帰宅後、チャートを見ると30分足のMAを割り込んだところだったので、即ショート。

-2σでイグジット。短時間でのトレードで理想的。

こういったエントリーを心がけていきたいですね。

ようやく、昨日のマイナスを取り戻しました。

チャンスがあれば、トレードしたいと思います。

50pips/週を目指します!



追記)21:30

⑦+15.5pips ロング

30分足ではすでに+2σに到達していましたが、バンドが開いていたこと、4時間足のボリバンの流れが上向きでレートが+1σから+2σに動いていたことで強気で5分足の勢いに乗ってエントリーしました。
途中、戻りに遭いましたが半分は開き直り、半分は自分のエントリーを信じて保有できました。

今夜は2勝0敗で気分いいです!



2010/02/03 19:09|未分類CM:0

 

⑧+10.7pips ショート

⑨-20.5pips ショート

⑩-12.3pips ショート

⑪+31.9pips ショート


10トレード毎にメントレは区切っているのですが、⑨から⑪は一連の動きの中のトレードでした。

かなえさんにも先ほどメールを送りました。

このまま1000通貨で続けるのか、それともいったんデモに戻るのか、かなえさんからの指示があるまでトレードは休止します。

以下は、今週のリアルトレード4日間の成績です。

99.jpg
※±1.0pips未満は引き分けとしています。

勝率60%はまずまずです。損益率が1を割ってますので、もう少し大きく取れるところでのみエントリーすると良くなるかなとは思います。

今週は30分足のボリバンが平行な場合が多かったので、難しい相場ではありました。
それを考えると、この成績は良く頑張った気がしないでもないです。

来週は無駄打ちを減らしていきたいですね。

2010/02/04 23:47|未分類CM:1

 

おはようございます。

暴落来ましたね。

今週なかなか動かなかったのは、これの前ぶれだったのでしょうか。

一晩で、日足の-1σ→-2σに達してしまいました。

昨日、パソコンを閉じるときは日足では下げそうだとは思ってましたが、4時間足のボリバンが平行かつ-2σに到達していたので、いったん上昇かなと思ってました。

それが今朝、チャートを見てびっくり!

4w.jpg


このあとはどうなんでしょう?

週足はバンド拡大中、月足はもう少しで-1σに到達。120円台まで行きそう。。

WM.jpg


もし-2σまで行ったら105円です。ユーロ円でそこまで行くとさすがにすごいですね。

でもチャート的にはあり得ます。

どちらにせよ、勢いのある方に乗るだけですが。。
2010/02/05 06:47|未分類CM:0

 

今週のトレードをOCOではどうなのか検証してみました。

結果


【実トレード】
6勝4敗1分け 勝率60% 獲得pips 27.1pips
勝ち平均 +17.0pips
負け平均 -18.8pips
損益率 0.90

【OCO】
8勝3敗 勝率73% 獲得pips 60.0pips
勝ち平均 +15.0pips
負け平均 -20.0pips
損益率 0.75


どうも10pips以上の含み損を抱えると、方向は合っていても建値決済や損切りで逃げてしまう傾向がありますね。
だからといって、いつも逃げてるわけではなくて⑦のように我慢して、利益を上げてるトレードもあります。
理想は⑤⑥⑪のような含み損を抱えないトレード。ただいつもこういうトレードができるとは限りません。

そこで考えたのが、①②⑩のようにエントリー後に迷うようなら、自信の持てないトレード自体捨てるべきかなと。
勝つ可能性もあるので、もったいない気持ちもありますが、気持ちがぶれている時点で勝っても知れてるし、長い目で見て捨てるべきかなと思いました。

具体的には30分足MA平行パターン。5分足がパーフェクトオーダーになれば、問題ないかなとも思ってたのですが、ダマシが多すぎる。まだ2σでの逆張りの方が勝率は高いはず。。
これに手を出すのを止めれば、トレード数は激減するでしょうが、来週はそれにトライしたいと思います。

かなえさんからも『苦手パターンがはっきりしたようなので次からは得意なパターンでのみのトレードをやって勝率アップを目指して下さい。』とアドバイスを戴きました。

また通貨数も1000通貨でOKとのことでしたので、来週も引き続き1000通貨でリアルトレード続行です!


2010/02/06 22:34|未分類CM:0

 

今日は『スーパーボウル』ということで、前もって休みをもらってました。

朝から「自信のあるところだけエントリー」と言い聞かせてチャンスを窺っていました。

①-13.6pips

②+2.9pips

③-13.3pips

④-20.1pips


30分足MA下向きで5分足パーフェクトオーダーの割合自信があったエントリーがことごとくロスカット。

というのも、なまじっか自信がある為に少々の含み益ではイグジットせずに、節目の目標値にこだわってしまったのがいけませんでした。

ロンドン時間は午前中の失敗を反省して、ある程度の利が乗ったところでイグジットしようと考えました。

⑤+15.0pips

⑥+20.3pips

⑦+21.1pips


午前中のトレードに比べて、要した時間も短時間で済み自信も回復したところでした。。

ここで止めておけば良かったんです。


⑧-50.7pips

やってしまいました。。。

後で見返すとこのトレードはエントリーからルールを破ってました。
レートの勢いに乗ったつもりがすでにMA24からかなり離れた位置でのエントリーになっていたんです。
すぐに含み損が20pips近辺に達したのですが、MA24まで数pips程度、まだ余裕もあり、「せめてMA24を割り込むまでは保有しても良いだろう。まだトレンドは継続中なのだから」と訳のわからない理論で自分を納得させてしまったのです。
ついにここまで守ってきたストップを外してしまいました。

もうそうなると次に損切る理由がありませんので、だらだらと含み損は拡大していく一方です。
途中、含み損が20pips内にまで戻してきたのですが、そうなると「おお、もう少し保有していれば建値決済も可能かも」と静観してしまう有り様。結局はまた逆方向へ動いてしまいました。
ポジション保有中は、「かなえさんへのメールやこのブログになんて書けばよいのだろう」などと考えていました。

今、自己嫌悪に浸りながらブログ書いてます。
こんなこと書かなくても良いのでしょうが、正直に書くことだけは、守りたかったんです。
これまで誤魔化したら、自分が崩れてしまいそうで。(ちょっと大げさですかね)

いや、そのぐらいストップは肝に銘じていたつもりだったんで、自分的にはものすごくショックなんです。

まだまだですね。はぁーーー。。



2010/02/08 23:40|未分類CM:0

 

⑨-13.9pips ロング

⑩+23.8pips ロング

⑨は昨日の影響か、含み損に耐えられず損切り。方向は合っていただけに残念。

⑩は⑨の直後に再エントリー。



いつまでも落ち込んではいられませんので、昨日のトレードを反省してみました。

じーっとチャートを観察していると、「チャンス」と思っていたトレードも30分足バンドが収縮していました。
スクイーズに入っていたんです。それでMA下向きでかつMAを下抜けしたのに-1σに達しないことが起きてたんですね。値動きがだんだん小刻みになっていってました。その中で方向のみでトレードしてたのが、昨日の①~③です。

その後、30分足エクスパンションで勝ちトレードを⑤~⑦で拾えました。

⑧は論外で、エントリーから間違ってました。

方向が平行だけではなく、バンドが収縮しているときもエントリーは厳禁だと分かりました。
その辺が整理されて来たことで、気持ちがようやく落ち着いてきました。



少し光が刺してきましたよ。

『雨降って地固まる』

『七転び八起き』

前進あるのみ!です。

2010/02/09 23:15|未分類CM:0

 

①-20.3pips ショート

②+21.9pips ショート


一進一退のトレードでトントンでした。


30分足のボリバンが開くときのみトレードしようと心がけてます。

①は失敗。-1σを下抜けしたところでバンドが開いていたので-2σを目標にしましたが、そこから上昇。

②は①と同じような箇所でのエントリー。4時間足の中心線を目標していましたが、30pipsの含み益が20pipsを割り込んでいくのを我慢できずにイグジットしてしまいました。結果的には、目標値に達しましたので、70pipsは取れる可能性のあるトレードでした。
ただその中には何度か含み益がさーっと減っていく時間帯があるわけでOCOでもしない限り、耐えられません。
チャートに張り付くなら、20pips程度で区切って、再エントリースタイルの方がストレスがなさそう。
OCOスタイルなら、負けは20pips。勝ちは50pips以上と割り切ってしまえば案外楽かもしれません。

どちらが良いのでしょうね?

少なくとも、今の私はチャートに張り付いている割には
負けは20pips、もしくはそれ以上。
勝ちは20~30pipsとなっていて、
勝ってもトントンが精いっぱいの中途半端なスタイル。

どちらかに決めた方が結果は良くなりそう。
どちらが自分に合ってるか、考えてみます。


2010/02/10 23:29|未分類CM:0

 

③+15.0pips ロング

今回のリアルトレードに移行してからの全トレードをOCO検証してみました。

seiseki.jpg

自分の印象ではずいぶん負けているように感じていたのですが、こうやって表にしてみると、エントリーは良いです。
エントリー後のイグジットでいかに損失をだしていたかが分かりました。

15pips以上の利益を狙ってエントリーしているので、利大にこだわるあまり本来勝ちトレードにできたものも負けトレードにしてしまっている。
また、利大がうまくいっても勝ち平均のとおり、2pips程度。
あれだけチャートと対峙して苦労してても機械的にOCO注文出したのと変わらないってこと。
ってことはOCOで15pips注文していた方がパソコンから離れられますので楽ですよね。

また損切りについても利大を目指しているので、-20pips以下に持っていくのは至難の業。。
逆にユーロ円ではそのぐらいの幅は持ってないと利大は難しい。

そうなると、損切り20pipsってのは変わらないのでOCOの方が先日のようなメンタルから来る大負けもし辛くなる。

結論として、私にはOCO(リミット15pips、ストップ20pips)の方が合っていると判断しました。
エントリーにこだわって、イグジットは機械的にやる。
負けたトレードはすべてエントリーに起因しているというトレード。

それを極めてからイグジットを裁量にしても遅くはないのかなと。
負けpipsのみを裁量にして、20pips以下を目指してもよし。
勝ちpipsのみを裁量にして、15pips以上を目指してもよし。

今はそれを一度にやっているので、エントリーが悪いのかイグジットが悪いのか分かりにくくなっていました。
今回検証してみて言えるのは、勝率75%というのは案外悪くないエントリーをしていたってこと。利益も出てますし。

15pips以上を取り逃した悔しさよりも、勝ちトレードを負けトレードにしてしまうことでエントリーに迷いが生じることの方が害が多いと判断しました。

③のトレードはそれを踏まえて行いました。エントリー後は、チャートを見ることもなく、ゆっくりと食事を取れました。
当分はこのスタイルで行こうと思います。





2010/02/11 11:53|未分類CM:3

 

11日(木曜日)

④-20.4pips

⑤-20.1pips

⑥+15.0pips

⑦+15.0pips

12日(金曜日)

⑧-20.1pips

⑨-20.0pips


前回記事の後、「さあ、OCOで連勝が始まるかな?」と自分に期待していましたが、勝率5割にも満たない結果に。
反省点としては、当然のごとくイグジットにはありません。すべてエントリーが原因。

実際にOCO注文してからチャートを見てると、「ああ、これもうだめだ。いまだったたら数pipsで損切れるのにな」とか思ってました。OCOも意外と辛いもんです。^^;

そこで昨日は2連敗した時点で早々にトレードは止めて、「自分の勝ちパターンって何だろう?」とずーっと過去の記録とにらめっこしてました。

勝ってる方たちのトレードを見てると「鉄板」と呼ばれる形が来るまでは決して手を出しません。
私もルールは守ってはいるのですが、そのルールもきめ細かいルールではありませんのでいろんな形があるんです。

たとえば「5分足パーフェクトオーダー」でもトレンドの終焉であったりすると急激な反転に遭いやすいですし、また早すぎるとダマシに遭いやすい。
「30分足ボリバン」でもバンドが開いているように見えて、やはりダマシだったり。中心線を下抜いたから-2σを目指すのかと思いきやただのひげで上昇したなど。その瞬間瞬間は私のルールであっても、いろんな箇所にダマシが潜んでいるんです。

そう考え始めると、疑心暗鬼になってしまいエントリーが怖くなってしまいます。

そうしてると、大きなトレンドが発生して見逃してしまったりもする訳で。。
そうなると、精神的にものすごく疲れてしまうんですね。

勝っても負けても自分が納得する境地に至ってないなとつくづく思います。

リアルに移ってからの30トレードをそういう目で見直していると、『本当にきれいな5分足パーフェクトオーダー』、『バンドが開いてMAも方向を示している30分足ボリバン』の形ってほんと僅かでした。

そう考えると、他のトレードはすべきじゃなかったってこと?
自分はそのトレード数の少なさを果たして受け入れられるだろうか?とも思います。
どこかで「ルール内のトレードだから少し怪しいけど、まあいいだろう」という部分は正直あるんです。
でもそれで勝ってるトレードがあるのも事実。それごと捨てられるのかってことですよね。

そのためには頭の中で自分の負けパターンを整理していく必要があるなと思います。
もう、これとこれは捨てるぞ!みたいな。

その作業の中で残ったパターンが『鉄板』と言うのでしょうか?




2010/02/13 11:00|未分類CM:4

 

⑩+3.5pips ショート

①+1.4pips ショート

②+0.1pips ショート


今日はほとんど建値決済。
負けなかったのでOKとしよう。

今週から5分足のパーフェクトオーダーに直近安値or高値のラインを引くことにした。
理由は中途半端なエントリーを減らすため。

今日の3トレードはどれもそのやり方を試みた。
実際、ラインを突破すると勢いが加速するのを実感。
結果的にどれも10pips以上の含み益。
保存したチャート画像を見るとエントリー時点のローソク足がどれも長い。
これはいけるかも。

ようするにイグジットの問題でこの成績に。
+15pipsに指値を置いていたので仕方ないが、-2σがその手前にある場合はさすがにイグジットすべきだろう。
もう少し柔軟に対応しても良いかなと。


「待つ」という意味でも「ストップ」という意味でも、
この『ブレイク』エントリー、良いかもしれません。



2010/02/15 23:20|未分類CM:0

 

③+0.9pips ショート

④-9.7pips ショート


③は中心線から-1σのスペースをトレード。-1σタッチ後急激に上昇。イグジットできず。。
④は安値ブレイクに思いきや、ダマシに遭ってしまった。もう少し明確に抜けてからエントリーしたい。

まだまだ修行が足りませんが、直近安値・直近高値をブレイクするまで待つことによって、あらゆるダマシを回避できてます。それがただ嬉しい。

今日のユーロ円はどちらかと言えばロングで勝負したかったですね。


2010/02/16 22:43|未分類CM:0

 

⑤-14.5pips ロング

⑥-20.2pips ショート




30分足が平行な場合にブレイクを狙うとこういう結果になるんですね。

バンドが開くのを期待してトレードしてしまってるんです。

「きっとこうなるだろう」と希望的観測で。。

今日のような日は、ノートレードでもいいんでしょうね。



2010/02/17 23:10|未分類CM:0

 

⑦+19.8pips ショート

⑧-20.2pips ショート


なんだか下げそうで下げないじりじりとした相場が続いてますね。

レートに勢いがあるときにエントリーしているのですが、どうも続かず反転までしてしまう始末。。

イライラしますね。

こんなときにルール破ってしまいそうです。

そうなる前に、もう寝ます。


2010/02/18 22:25|未分類CM:0

 

⑨-11.3pips ロング

⑩-20.2pips ロング


5分足、30分足両方でパーフェクトオーダー。
さらにダウ理論で直近高値更新でロング。

何やっても駄目です。。

なんなんですか?この相場は?ひげばかりで。
これだけブレイクもどきに遭うと±2σでの逆張りをしたくなりますね。

他の時間足も見てはいるのですが、変に「予測」してしまって、含み益が20pips近くなっても「まだまだいける」とか思ってしまったり、もしくは含み損が20pips近くなっても「ここで損切る必要はないんじゃないか」とか考えてしまう場面が多々ありました。

それで結局、OCOをせずにトレードしてしまった訳なんですが。。

「予測」するから負けてしまってることに気付きました。
例えば5分足だけだったら、「レートの勢いが弱まってきたから損切ろう」とか「MA24を割り込んだから損切ろう」って決心がつくんですけど、複数の時間足をみてるばっかりに、「下がってきたけど、30分足の上向きMAが支えてくれるはず」とか「(ショートエントリーも下方向の)勢い弱まってきたけど、まだ-2σには達してないし、そこまでは下げるはずだ」なんて思惑を持ってしまって結局はマイナストレードってパターンなんですよね。

薄々それに気付いたから、「OCOで機械的に行こう」と決めたんですけど、結局は守れませんでした。

変に大きな時間足の情報は入れずに5分足のみの情報でトレードしたら欲張らなくて済むんじゃないかなと思うようになってきました。

でも、「順張り」「損切り」「複数の時間足」ってのは基本ですしね。

ちょっと週末に検証してみます。
2010/02/19 23:52|未分類CM:0

 

自分に不足しているモノは何なのか、もう一度基礎に戻って勉強したいと考えて、

ネットで「ダウ理論」で検索していたら、

FX入門☆為替勉強部屋

ていうサイトを見つけました。

分かっているようで分かっていない「ダウ理論」「ライン」「ダイバージェンス」等が分かりやすく説明されていて、勉強になりました。

またダマシについては

『おそらく、プロトレーダーでも
トレードの半数近くかそれ以上のダマシに逢っていると思われます。』


らしくて、ちょっと救われた気持ちになりました。

ダマシに遭わないようにする工夫も必要ですが、それ以上に「トータルでプラスにするプラン」が自分には欠けていたのかもしれないなと思った次第です。

また「持ち合いの対処法」についても書かれており、「持ち合いに気付いた時点では建値決済を目指す」とか「持ち合いはチャンスと楽しみに待つぐらいが良い」など、『持ち合いとの付き合い方』が参考になりました。

おかげで少しチャートの見方が変わったかも。

微妙な相場観の差ってのがあるから、同じ手法をしているようでも結果が変わってくると思うんです。
その人の潜在的な微調整が働く部分があるっていうか、
だから欠けていたパーツが揃えば、それが機能してくると思うんですよね。

同じ手法でも、ある人は結果が良くて、ある人は結果が出ないというのはそういうことなんじゃないだろうかと思います。
自分が今、結果が出ないのは確実に不足しているものがあるわけで、でもそれがなんなのかというのは分からない。
また知っているかもしれないけど、重要視していない可能性もあるわけで。。

とにかくモチベーションがある限りはもがき続けるのだろうと思います。





2010/02/21 09:54|未分類CM:2

 

①+15.7pips ショート

リアルトレードも5セット目に入りました。

直近安値にラインを引いて、下抜けたところでエントリー。
ストップを直近高値に置いて、少しずつ切り下げていきました。
MA24を割り込んだので+15.0pipsを確保。

今さらながらダウ理論が有効であることを実感できたトレードでした。






2010/02/22 21:58|未分類CM:0

 

②+50.5pips ショート

取った!取りましたよ。

5分足の安値ブレイクでエントリーして、後はダウ理論で利を伸ばしました。

ダウ理論いいです。保有する理由がそこにはありますから。

週末にダウ理論勉強して良かった!!

2010/02/23 19:49|未分類CM:2

 

昨日はイグジット後、さらにダウ理論で200pips近く取れてたんですね。

勝手に「この辺で反発あるだろう」なんて予想したのはまずかったです。

おかげでダウ理論がトレンド時にはかなり有効であることが分かりました。

そうなってくると、いかに持ち合い期のトレードを避けるかが大切になってきます。

それさえ、判断できるようになれば、大きなトレンドはダウ理論で仕留められますので、「損小利大」が現実味を帯びてきます。


さて、今日の相場ですが30分足を見ると完全なレンジです。

チャートは夕方から見てますが、まだノーエントリーです。
これは私にとって、かなりの成長です。
こういう相場なんですよ。無駄なエントリーをしているときってのは。

ブレイク来るかもしれませんが、それはそれとして、
今日はこのままブログを書き終えたら、パソコンを閉じようと思います。




2010/02/24 22:26|未分類CM:0

 

今週は、エントリーもストップもダウ理論で行っています。

25日(木)

③-45.0pips

④+57.7pips


26日(金)

⑤-13.6pips

⑥-30.3pips


昨日は良しとして、今日はストップの設定を誤ってしまいました。
本来であれば⑤が+50pipsで⑥は建値決済でした。

チャートのレートと取引に使用しているレートの差の分でストップにかかってしまいました。

今週トレードしてみて、ストップ幅は広くはなるものの、イグジットに対する迷いが無いのが良いです。
ただ下手に裁量を入れてしまうと、薄利決済にもなってしまい、本来のダウ理論の使い方ではなくなるような気がします。おそらく勝率は5割前後でも大きなトレンドを取る可能性が高いのでトータルではプラスに持っていけるでしょう。

結局は「トータルでプラス」ということを受け入れることができないとこの理論も宝の持ち腐れなのかなとも思います。
でもそれって、すべての勝てる手法にあてはまることなのでしょうけどね。

負けトレード毎に反省するのもいいのでしょうけど、反省することによって「何かを足したくなる」んですよね。
それはインジケータであったり、時間足であったり。。

勝ってるときはいいのですが、負けが続くとどうしてもその衝動に駆られます。

しかし、何かを足すことによって、何かを失っているような気もします。
帯に短し、襷に長し。。

だからといって、負けるつもりでトレードしても仕方ないし。

前進しているようで、実は堂々巡りなのか。


うーん、なんか最近そんなこと考えてます。。


2010/02/26 23:22|未分類CM:0

ホーム 全記事一覧

月別アーカイブ 

最近の記事 

最近のコメント 

相互リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

名言 

FC2カウンター 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

Copyright(C) 2006 目指せ!FXWINNER!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。