技術の向上に近道はありません。しかし、基本を大切に経験を繰り返すことで必ず目標に到達可能だと信じています!

プロフィール 

ヒロシ

Author:ヒロシ
元本126万円から始めて一時は350万円まで増やすも数度の円高に見舞われ、30万円に・・・
いったんはマーケットからの撤退も考えましたが、欲張らずにやっていこうとスワップ派に転身。
そんな矢先にてきとうさんのブログに出会い、投資手法(RCI3本ライン×ボリンジャーバンド)に感動。投資に対する考え方にも影響を受ける。
何度も痛い目にあったことでようやくチャートの必要性に気づく。
2009年にはFBBさんのブログに出会い、「RCI3本ライン×ボリンジャーバンド」の有効性を再認識し、ぜひとも会得したいと試みるが資産は減る一方。
原因は、手法ではなくルールを守れない自分のメンタルにあると気づき、そんなときに出会ったかなえさんの『メントレ』を受講。
ビクトリーメソッドで「メントレ」実践。
が、最強と謳われるビクトリーメソッドですら、結果を出せず。
というか、ルールを守れない自分に悩む。
ふと見つけたパリス昼豚さんのブログで「検証」の重要性を知る。
検証作業を繰り返すうちに「ダウ理論」に着目。
トレンド時に「ダウ理論」は通用するため、あらかじめトレンドが来ることを予測できるRCI3本ラインを補完する。
ある程度、利益は得られたがRCIではどうしても損切を嫌ってしまう自分に限界を感じる。
基本に立ち返り、移動平均線のみでトレードを始める。
2012年、アドさんのブログに出会い、ライントレードを学ぶ。
2014年、「環境認識」「シナリオ」の重要性を再認識し、RCIでトレード再開。
好きな言葉は「量は質に転化する」
ひたすら「経験」を積み、「経験」が「技術」に変化するのが楽しみです。
このブログで「負け組」から「勝ち組」へと成長していく軌跡をみなさんに伝えられたら幸いです。

ホーム 全記事一覧

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

いよいよ3月ですね。
ほんと2月はあっという間でした。


さて、今日のトレード。

⑦-16.1pips ロング

⑧+44.0pips ショート


⑦は5分足、30分足でエクスパンション状態だったので、高値ブレイクでエントリーも4時間足の+1σを抜けずに下げ転換。

⑧は4時間足レベルの戻り売りでMA付近でイグジット。

やはり、長い時間足がどういう状況なのかを確認するのは大事なんですね。




今日は、ネットで注文していた本が届きました。

超カンタン アメリカ最強のFX理論超カンタン アメリカ最強のFX理論
(2009/12/19)
ロブ・ブッカー&ブラッドリー・フリード

商品詳細を見る


なんか評判が良かったので、久しぶりにFX本を注文してしまいました。
パラパラと捲ってみましたが、なかなか参考になる事も書いてあり、当りっぽいです。
これからじっくりと読んでみます。



スポンサーサイト
2010/03/01 21:16|未分類CM:0

 

今日のトレード

⑨+15.6pips 直近安値のブレイクエントリー。


*********************************************************************************

「アメリカ最強のFX理論」読破しました。これはいいですよ。
評価は星5つです。
これは数万円の情報商材で売っていてもおかしくない内容でした。
まだ読まれてない方には強くお勧めします。

手法はシンプルかつ理に適ったものがいくつか公開されています。
また後半部ではトレードに必要な戦略や習慣を説明しています。その中でバックテストの重要性を説いており、とても共感できました。
手法の成果を引き出すためには最低でもバックテスト1000回は必要であると説いてます。
そうすることで、手法に自分なりのカスタマイズを施し、自分仕様の手法が出来上がると言うのです。
この辺はパリス昼豚さんにも通ずるところがあります。

バックテストを常にすることでその手法の良いところ、悪いところが分かるだけでなく、気持ちが他の手法に行かなくなるのかもしれません。

昨年末の検証に明け暮れていた頃に比べると、どうも現在は手法に対する信頼が薄れており、インジケータを足す必要があるのではと思い始めてました。
先日の記事にも「自分に不足しているモノはなんなのか」ということを書いたのはそういう思いからです。

そんな矢先にこの本と出会えました。
自分に不足しているのはインジケータでも時間軸でも、手法でもなく、「バックテスト」が足らなかったんです。きっと。

少し負けが続いたぐらいで気持ちがフラフラしてしまうのは、きっとそういうことです。
このタイミングでこの本と出合えたのはラッキーでした。

この作者は自分の職業を「トレーダー」ではなく「バックテスター」と言ってます。
それだけ大切だと言うことですね。

たしかにバックテストをしていると、始めたころよりも後になるにつれて勝率が良くなっていました。
私自身は同じルールでやっているつもりが、来る日も来る日も同じエントリーの形を見続けることで、無意識のうちにフィルターをかけて負けトレードを避けていたのだと思います。

それが最近はデモトレードあたりから反省ばかりで、バックテストがおろそかになってました。
気持ちの平静を保つためにも、バックテストは常にしておくべきだなとつくづく思います。

よーし、今日からトレードはそこそこに、バックテスト再開するぞ!!

2010/03/02 18:45|未分類CM:4

 

⑩-20.0pips ショート 30分足-2σタッチ後反転、ダマシに遭う。
①+15.0pips ショート レンジ相場と判断して逆張り。


昨日は30回ほどバックテストを行いました。

日課として最低1日30回はバックテストをやるようにしたいと思います。
週末は50回とすれば、20日×30回+8日×50回=1000回となり、1ヶ月で1000回達成できます。
ほんとは2000回でも3000回でもできれば良いのでしょうが、継続が大事ですからね。

私のようなセンスの無い人間はとにかく量をこなすしかないんです。
だからといって、ただぼーっとチャートを見てるだけでも発見はありませんので、バックテストの中で色んなことを試して見えてくるものがあればしめたものです。

「他の手法を試したい」という気持ちがあるなら、それを無理やり抑え込むんじゃなくて、それをバックテストでやればいい。
さんざん色々な手法を試した結果、今の手法に落ち着くということもあり得る訳ですからね。

手法ってのはマニュアルがあっても、微妙なところは「アートの領域」みたいなところがあって、ちょっとした取捨選択がいくつも積み重なって大きな差になっていると思うんです。

ですので、その感覚の部分ってのはやはり量をこなさないと、なかなか難しい。
その量ってのも絞らないと分散してたんじゃ意味がない。
でも最初から勝ちっぱなしの手法なんて無いので、負けが込んだときに目移りしてくる。
信頼が薄れてくる。「そもそもこの手法で良かったのか」と。

その気持ちを解消するには、自分を納得させる必要がある。
「手法が悪いのではなくて、原因は他にあるのだ」と。

「バックテスト」や「トレードの記録」を付ける習慣ってのは、自分の中の欲や感情と戦うための武器なんですよね。
きっと手法で負けてるのではなくて、そういった欲や感情の部分で負けてるのでしょうから。

2010/03/03 23:04|未分類CM:0

 

うわっ。もうこんな時間。。日付変わりましたね。

先ほど、ようやくトレード終了しました。

②+30.6pips ショート

日足や4時間足を見る限り、ロングは危険かなとショートの機会を窺ってました。
30分足平行で+2σから下げ始めていたところをショートエントリー。
逆張りなので、レートは時間をかけてゆっくりと下げて先ほどイグジット。

逆張りが2日続けてうまくいきました。
こういう相場では、なかなかいい感じです^^

では、ここらで寝るとします。。
2010/03/05 00:40|未分類CM:0

 

今日は区の会計監査が今度の日曜日にあるため、年休をもらって帳簿の整理をしてました。

チャートもちらちらと見てたのですが、大きな時間軸では完全なレンジ。

ここ数日、こういった相場が続いてますが、この状況下では5分足でも大きなトレンドは発生しません。


③+20.0pips ロング 
午前中に30分足の-2σで仕掛けた逆張りエントリー。

④-13.9pips ロング
5分足の上昇の勢いに乗ったつもりがダマシ。



③のトレードはエントリーする前からシナリオを描き、待ち構えてました。
④はどちらかというと値動き重視でエントリーした感があります。

やはり大きな足からのシナリオをあらかじめ描いておくと心理的に違いますね。
ブレイクエントリーでも5分足のみと比べると精度が増す気がします。エントリー数は減りますが。。

大きな時間足の流れと小さい時間足の流れがシナリオどおりに一致したときのみ仕掛けるように心がけていきます。
2010/03/05 22:55|未分類CM:0

 

8日(月)
⑤+0.6pips ショート
20pips以上の含み益も決済できず、建値で逃げる。
欲張りすぎ。


9日(火)
⑥+16.6pips ショート
20pipsの含み益から15pipsを確保。

⑦+15.0pips ショート
最初からOCO注文で。決済後、さらに下げる。
惜しい気がするが、仕方なし。


10日(水)
⑧-20.4pips ショート
少しでも有利な位置でエントリーしたいという気持ちが裏目に。

⑨+20.0pips ロング
途中からトレンドに乗る。

⑩+7.2pips ロング
レートが停滞したのでイグジット。

①+15.0pips ロング
高値更新でエントリー。イグジット後もさらに伸びる。


11日(木)
②+20.0pips ロング
エントリー後はOCO注文で。


今週は淡々とトレードできてます。
成績が良いからなのでしょうけど。。

問題は負けが増え始めたときです。
そのときにぐっと我慢して、ルール通りにトレードできるかです。
どんな優れたシステムだって連敗はするんですから、自分の簡単なシステムでは連敗なんて当たり前のはず。
しかし、それは分かっていても負けが込み始めるとあわてるんですよね、これが。。

結果を最初に求めてはいけないのは分かってるんですが、しかし負けトレードからも学ばなきゃならないし。。
ルールを守りながらも、「何かを変えていかないと!」ってのが常にあるんですよ。きっと。
それがいけないのかも。

連敗が続くときに、どう行動するかが私にとっての課題です。


2010/03/11 21:47|未分類CM:2

 

③+20.0pips ロング
上位時間足のMAに傾きがあった為、5分足ではそれほどタイミングに気を遣わずに済んだ。
エントリー後はOCOで決済。



小学2年生の子供が最近、ドラえもんにハマっていて、親子で読んでいます。
私が小学生のころは、1巻から20巻ぐらいまでを全部持ってました。
今、読んでも面白いですね^^

好きな道具は『バイバイン』でした。
それを垂らすと5分ごとに倍々に増えていく。
よく通学時に空想してました。「1個が2個。2個が4個で、4個が8個。8個になったらひとつ食べて、7個が14個で・・・」みたいなことを。
当時から複利計算は好きだったんだなと思いだします。

ドラえもん (17) (てんとう虫コミックス)ドラえもん (17) (てんとう虫コミックス)
(1979/07)
藤子・F・不二雄

商品詳細を見る



2010/03/12 22:42|未分類CM:2

 

ここ最近、年度末と言うこともあってバタバタしております。

バックテストもなかなかする時間がなく、まだ5分足で1月半分の180トレードです。
今回は前回のルールのイグジットをMAを割り込むまで保有するようにしています。

MA3本のみのインジケータなしの順張り手法ですが、ここまで1800pipsほどの利益。
ダマシにかかることも多く、勝率は5割を切っておりますが。。
連敗も多いです。5連敗、6連敗はあたりまえ。

しかし、トータルではプラスなんですね。
とりあえずの目標は1000回なので、180回程度ではサンプルとしてはまだまだ。
しかし、システムの利益の出し方を見ていると、小さい負けをうんざりするほど繰り返して、大きなトレンドで損失を補い、なおかつプラスに持っていく。。っていうスタンスをずーっと繰り返しています。
簡単なルールなんで、MAX200pipsに到達していても120pipsぐらいでイグジットになっていますけどね。
エントリーにしたって、完全にパーフェクトオーダーになってからのエントリーでもかなり出遅れはするんですが、ダマシは減ります。頭と尻尾はくれてやれです。
結局、器用なトレードをしようとするとカーブフィッテングになるんです。
頭も尻尾もごっそりマーケットに残しても良しとすべきです。
それを取ろうとするから、トレードが難しくなるような気がします。

記録を取りながら、損小利大ってこういうことなんだろうなあと。
おそらく、この5連敗したときにリアルでは強引に勝ちに行く行為を取ってるんです。
それがストップを広く取る行為であり、エスカレートしていくとストップを外してしまう行為に繋がる。
そして、連敗しないようなシステムを探すようになる。

とりあえず「負けトレード」をもっと前向きに捉えていきたいですね。
小さく抑えていれば良しとしたい。
そして、強引に「勝ち」を求めないこと。

そんな気持ちで居れば、私にだって少なくともトントンぐらいにはできますよ。きっと。そんな気がしてきました。
2010/03/15 22:51|未分類CM:6

 

グラフ

バックテストも300回を超えました。
獲得pipsは2,743pips、勝率43.9%、損益率3.3です。
見ての通り、右肩上がりです。

ストップは最大でも20pipsで固定してます。
リミットは色々と数値を試してみましたが、25pipsが最もパフォーマンスが良いです。
獲得pipsは2,721pips、勝率53.2%、損益率2.2です。

ドローダウンが少ないため、獲得pipsは同じでも、直線はOCOの方がきれいですね。

勝率が思っていたよりも悪いのですが、トータルでは右肩上がりなんですよね。今のところ。。
テストしていても、やはり損失は気持ちのいいものではありません。
ときに6連敗、7連敗するとさすがにテストしていてウンザリしてきますね。
しかし、トータルで結果を見ると良いので「あれ?」って感じです。

これを疑似的に繰り返していくことで、「トータルで勝つ呼吸」を身体に覚えさせたらなと考えてます。
そうすれば、潜在意識に「トータルで勝てばいい」と刷り込まれてるので、リアルで連敗してもあわてないんじゃないかなと。

だって、何度も連敗からプラスにしていくところを(疑似)経験しているのですから。。



【今週のトレード】

15日(月)2勝4敗
+1.1pips
+6.0pips
-10.0pis
-8.8pips
-9.6pips
-11.5pips

16日(火)1勝0敗
+22.0pips

17日(水)1勝0敗
+15.0pips

18日(木)2勝1敗
-19.4pips
+15.0pis
+25.7pips


2010/03/18 18:42|未分類CM:0

 

バックテストを数多くこなしていると、相場に関係なくなぜか成績が良くなってくることがあります。

おそらく同じルールで値動きを見続けていることで、無意識にトレードの取捨選択をしているのだと思います。

「それじゃあ、バックテストの意味がないじゃないか」と言われるかもしれません。

たしかにシステムトレードではカーブフィッティングをしている訳ですから、成績自体の信頼性が無くなってしまうので不味いのですが、私はこれはこれで裁量技術を磨くには有効なトレーニングだと考えています。

トレ-ド上級者と同じチャート設定でやっても成績に差が出るのは、文章では伝えられない部分があるからだと思います。
その伝えられない部分ってのはチャートの中にきっとある訳で、それを身につけるには毎日繰り返し見ていくしかないです。そうすることで、上級者が重視していた部分を理解できたり、もしくはオリジナルなアイデアも見つけられるかもしれない。
そして、その作業をするには、ただ眺めるのではなく目的を持って見ていかなきゃならない。

で、バックテストをしていくのが有効なんじゃないかなと。

ですので、(無意識の)カーブフィッティングを受け入れた上で作業しています。

私の目的は、「この手法は使えるのだろうか?この手法の成績はどのくらいなのだろうか?」ではなく、「この手法をどれくらい自分の中で昇華できるだろうか?」です。

今のところ、まだ300回程度ですので成績に変化は生じていませんが、1000回、2000回を越えたときに勝率や損益率等がどう変化しているのか楽しみにしています。

そうやって、バックテストをしながらリアルでもトレードはしていますので互いの相乗効果を狙ってます。


2010/03/20 11:02|未分類CM:4

 

ダメな自分を救う本―人生を劇的に変えるアファメーション・テクニックダメな自分を救う本―人生を劇的に変えるアファメーション・テクニック
(2006/03)
石井 裕之

商品詳細を見る


連休中に注文していたのですが、昨日届いて、先ほど読破しました。

「潜在意識は『ないもの』を理解できない」「潜在意識は倍々ゲームで成長する」など、読んでいてとてもモチベーションが湧いてきます。

潜在意識は「ピンクの象をイメージしてはいけません」と言われても理解できないそうです。
否定形の文章が理解できないんですね。

また、例えば1ページ0.1ミリの厚さの紙を毎日積み重ねていくとした場合、0.1ミリ、0.2ミリ、0.3ミリ・・・と増えていきますが、
潜在意識の成長は紙を二つ折りにしていく要領で増えていくそうです。

この場合、1か月を待たずして、富士山を楽々追い抜き、1ヶ月後の31日目には宇宙にまで到達するそうです。

0.1ミリ厚の紙がですよ!!

ですので、最初の成長が微々たるものでも途中から加速していく訳です。
まさしく僕らの好きな複利計算ですね。


さらに「今、この瞬間に何ができるか」という考え方には、何度も頷いてしまいました。
私も本は読んでいても、行動が伴わないことが多いので、「できない」ことに捉われずに「ほんのささいなことでもできること」を行動することは大切なことだなと思いました。

結局、ビルゲイツもイチローも「できること」を積み重ねてあそこまで到達しているのですから。



2010/03/24 21:35|未分類CM:2

 

バックテストも500回を超えました。
そこで現時点で、リミット値10pipsから30pipsまでを比較してみました。(ストップは20pips固定です。)
データは直近のユーロ円4カ月分です。


111_20100325201955.jpg

【獲得pips】では、25pipsがパフォーマンスが良いのですが、【勝率】が5割を切っております。
【勝率】と【損益率】のバランスからすると、15pipsか20pipsが妥当かなと思います。

カーブフィッティングしている不安はありますが、それにしても素晴らしい成績です。
手法自体にエッジはあるようです。
しかし、500回のサンプルではまだ半年分にも到達していませんので、やはり1000回は当面の目標です。

さあ、1000回目指してがんばります!!
それが今の私にできること!!
2010/03/25 21:06|未分類CM:0

 

先週の土曜日に飼い犬のチロルが行方不明になりました。

今日で三日目になります。

土曜日は午後2時過ぎにいつものように、子供と小学校の裏山へ散歩に出かけました。

山全体には遊歩道が整備されているのですが、僕らは未舗装のケモノ道を通ります。
チロルが他人を怖がるため、人通りの少ない方を選ぶのです。
いつものように、リードを着けたまま放しがいにして散歩していました。

遊歩道との合流地点に来た時に、向こうからおじさんが来たため、チロルはくるりと進行方向を変えて逃げ出してしまったんです。そのときは、初めての事でもないし、また戻ってくるさと急いで追うことはせず、子供と歩いて後を追いました。

途中、三叉路があり、とりあえず最近通っている道を戻ってみたのですが、結局見つけることができないまま山を下りてしまいました。もしかして自宅に戻っているかもと、淡い期待で帰宅しましたがいません。

今度は妻も加わり、再度山を探してみましたが、見つけられません。
散歩している方にも聞いてみましたが、誰も見てないとの返答。

その日から、3度目の夜を迎えます。
チロルは家の中でも寒がりで時折震えたりしていたので、あの夜の山の中で飲まず食わずで過ごしていると思うと、たまらないものがあります。
いつも私のパソコン作業(トレードやバックテスト等)が終わるのを膝の上で待ってるのが習慣になっていたので、居なくなるとほんとさびしいです。。

交番と保健所にも届けは出しましたが、今のところ連絡はありません。
服とリードは着けたままなので、心ある方が保護してくれていると良いのですが。。



チロル


2010/03/29 21:36|未分類CM:4

 

チロルが居なくなってもう5日目になります。

今日はポスターを作成して、近隣のスーパーや動物病院、公民館を回って貼ってもらいました。

昼間は私が身動きとれないので、妻に回ってもらいました。
今朝、作成したポスター10枚を全部貼ってくれていて、その行動力に驚きました。
妻には感謝しています。

チロルが戻ってくるかどうかは別として、ベストは尽くしたいと思ってます。
自分たちが今取れる行動は取っておきたい。

チロルが居なくなって、FXはまったくしておりません。
今のような宙ぶらりんじゃそんな気になれないです。

この5日間、リードが落ちてるとか、服の切れ端が見つかった等の手がかりすらありません。
おそらく、誰かに保護されたのだと思います。
しかし、通報が無い所を見ると、飼おうとしているのかもしれません。

山で遭難するよりは良いのでしょうが、それはそれで辛いものがあります。
プラスの方に考えたいのですが、どうも悪い方に考えてしまいますね。

居なくなって、チロルの大きさを痛感しています。


2010/03/31 19:15|未分類CM:0

ホーム 全記事一覧

月別アーカイブ 

最近の記事 

最近のコメント 

相互リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

名言 

FC2カウンター 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

Copyright(C) 2006 目指せ!FXWINNER!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。