技術の向上に近道はありません。しかし、基本を大切に経験を繰り返すことで必ず目標に到達可能だと信じています!

プロフィール 

ヒロシ

Author:ヒロシ
元本126万円から始めて一時は350万円まで増やすも数度の円高に見舞われ、30万円に・・・
いったんはマーケットからの撤退も考えましたが、欲張らずにやっていこうとスワップ派に転身。
そんな矢先にてきとうさんのブログに出会い、投資手法(RCI3本ライン×ボリンジャーバンド)に感動。投資に対する考え方にも影響を受ける。
何度も痛い目にあったことでようやくチャートの必要性に気づく。
2009年にはFBBさんのブログに出会い、「RCI3本ライン×ボリンジャーバンド」の有効性を再認識し、ぜひとも会得したいと試みるが資産は減る一方。
原因は、手法ではなくルールを守れない自分のメンタルにあると気づき、そんなときに出会ったかなえさんの『メントレ』を受講。
ビクトリーメソッドで「メントレ」実践。
が、最強と謳われるビクトリーメソッドですら、結果を出せず。
というか、ルールを守れない自分に悩む。
ふと見つけたパリス昼豚さんのブログで「検証」の重要性を知る。
検証作業を繰り返すうちに「ダウ理論」に着目。
トレンド時に「ダウ理論」は通用するため、あらかじめトレンドが来ることを予測できるRCI3本ラインを補完する。
ある程度、利益は得られたがRCIではどうしても損切を嫌ってしまう自分に限界を感じる。
基本に立ち返り、移動平均線のみでトレードを始める。
2012年、アドさんのブログに出会い、ライントレードを学ぶ。
2014年、「環境認識」「シナリオ」の重要性を再認識し、RCIでトレード再開。
好きな言葉は「量は質に転化する」
ひたすら「経験」を積み、「経験」が「技術」に変化するのが楽しみです。
このブログで「負け組」から「勝ち組」へと成長していく軌跡をみなさんに伝えられたら幸いです。

ホーム 全記事一覧

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

チロルが帰ってきました!!

仕事中に、携帯に妻から電話があり、「チロルが、チロルが、」と泣いているのです。

一瞬、嫌な予感がしましたが、電話の向こうで「ワン!ワン!」と聞こえるではありませんか!

とにかく妻を落ち着かせて状況を聞いたところ、

チロルは自分で帰ってきたみたいで、妻が犬の鳴き声に気づいて外に出たところ玄関に座ってたそうです。

私は電話を終えて、居てもたっても居られなくなり、「ちょっと現場に出てきます」と上司に告げて帰宅しました。
帰宅するとチロルが元気そうな表情で妻に抱っこされていました。

服は所々小さな穴が空いており、リードはしてませんでした。
よく身体を見ると、お腹からお尻にかけてゲッソリ痩せていて肉がほとんど無い状態。
よく帰ってきたなと胸が熱くなりました。

おそらくリードが木に引っ掛かったまま、山に居たのだろうと思います。
痩せたことによって、リードが外れたのかもしれません。

その後、妻が病院に連れて行き検査してもらいましたが、異常は無かったようでホッとしています。

今はドッグフードも水も充分に取って、安心したようで眠っています。


あの山の中で丸5日間、よくぞ生きていてくれたと思います。
皆様にはご心配お掛けしました。ようやく、いつもの生活に戻れそうです。

スポンサーサイト
2010/04/01 21:34|未分類CM:8

 

バックテスト再開しました。

今までの手法はいったん休止して、5分足のダウ理論のみでやってます。

ですので、ストップも20pips固定ではありません。

現在、35トレードで+724pipsです。
今までの手法だと35トレード時点で+225pipsでしたので、かなりの成績です。

勝率57%、損益率3.0でこれだけでも使えそう。

複数の時間足でやってみたいのですが、どのようにルールを作れば良いのか思案中です。

バックテストを続けることで、良いアイデアが浮かぶかもしれませんしね。

チャートには、MT4の「ZIGZAG」と「ボリンジャーバンド」を表示させてます。

-2σと+2σを行ったり来たりしながらも、その振幅が大きくなったり、小さくなったりしながらトレンドを形成していきます。そういった値動きを見ていると、その値動きの中にもパターンらしきものがあるんですね。

ダウ理論の利点は直近の高値安値を更新するまではエントリーしないため、ダマシに遭う確率が低いこと。
これは大きいです。ルールを守ることに徹すれば、裁量技術はほとんど要りません。

きっちりテストをして、「ダウ理論」の長所と短所を肌で感じたいと思ってます。



2010/04/06 21:47|未分類CM:8

 

職場の課内異動があり、業務量の多い係に配属されたこともあって、バックテストは捗っておりません。
ただそれでもコツコツとやっておりましてサンプル数は少ないのですが、「ダウ理論」のパフォーマンスは素晴らしく、かなり有望です。

そこで、自分の手法とするためにこれからのプランを練っていきたいと思います。

まず、

1.バックテストを1000トレード分完遂。
これをすることで、ダウ理論の勝ちパターン、負けパターンを把握することが狙いです。

2.イグジットするまでの最大含み益を記録。
これはバックテストと同時平行作業。イグジットの難しいダウ理論をOCOでした場合の最適値を把握します。

3.MY手法の構築。
OCO注文でできるのか、それとも利益は伸ばすだけ伸ばすべきなのか等を決定する。

4.マネーマネジメントを考える。
資金はいくらで始めるか、どのぐらいの連敗があるのか、連敗した場合にどう対処するのか、複利はどのぐらいのペースにするか等を決定する。

5.デモトレードで資金の2倍を目指す。
デモトレードの中で、マイルールは通用したのか?その中でメンタルはどのぐらい揺らいだか?をチェックする。

6.以上をクリアして、リアルトレード。
自分の中で「これはイケる!」とある程度の自信が付いた時点でリアルへ移行する。


こんな感じで考えてます。
今、自分はどの段階に居るのか?を把握しておこうと思いまして作成した次第です。

おかげでモチベーションが上がってきました。
さらに細分化したプランも作成するつもりです。

2010/04/10 09:49|未分類CM:0

 

今度の職場は大変です。

なかなかみんな帰らない。。。

他の係よりも業務が多いのは事実ですが、係長が帰らない人なのでどうしても帰宅が遅くなってしまいます。

昨日も帰宅は22時過ぎでした。入浴を済ませてから、パソコンに向かいましたが、バックテストする気も起きず、23時には就寝。

今までの係は17時には係長が帰宅していたので、残業するにしても一人残って、自分のペースで仕事して目処がついたところで帰宅していました。残業も極力減らすように、昼休みのうち30分をちょこちょこ作業したりしていたので効率よく仕事していたつもりです。

しかし、今は自分の仕事を終えても係のメンバーが残っているので明日以降の分を仕方なくやっているのですが、どうにもモチベーションが湧きません。
22時過ぎないと、基本的に帰らないのは私にとって辛いです。

FXだけでなく、家族との時間も無くなってしまうのはストレス。

しかし、「郷に入っては郷に従え」という言葉もあるように、係の調和を乱すのもどうかと思ってます。


あー、早くセミリタイアしたい!!

2010/04/13 07:07|未分類CM:0

 

バックテストをする目的として、勝ちパターン、負けパターンを見つけることがあります。

5分足のみのダウ理論で負ける場合って、いくら安値、高値を切り上げていたとしても、1時間足で下げのパーフェクトオーダーになっている場合は、単なる戻しに過ぎない場合が多いです。
ですので、こういう場面でロングエントリーすると高値掴みになってしまう。

またその逆のパターンで1時間足で上げのパーフェクトオーダーを形成している場合に5分足で安値高値を切り上げていたらロングエントリーで値幅も大きく取れます。当たり前ですけど^^;

でもバックテストしていたら、こういう「当たり前のこと」に今更ながら気づかされることが多いです。
そういった「当たり前のこと」を自分の中で「勝ちパターン」に昇華させるにはバックテスト作業は有効だと思います。



2010/04/17 09:52|未分類CM:0

 

ネットサーフィンしていて、たまたま見つけました。

ワイルダーの定義

①上昇局面での下値の見方
前日安値が前々日終値より大きい場合、
前々日終値を下回らなければ上昇トレンドが続く

②上昇局面での下値の見方
前日安値が前々日終値より小さい場合、
前日安値を下回らなければ上昇トレンドが続く

③下落局面での上値の見方
前日高値が前々日終値より大きいの場合、
前日高値を上回らなければ下落トレンドが続く

④下落局面での上値の見方
前日高値が前々日終値より小さい場合、
前々日終値を上回らなければ下落トレンドが続く


初めて知りました。
ダウ理論と併用すると精度が増すかも?

備忘録として書いておきます。

2010/04/18 11:52|未分類CM:0

 

待ちに待った週末がやってきました。

今週も残業と飲み方の日々で生活がガラッと一変してしまいました。。とほほ。。

トレードはちょこちょこ深夜に試し打ちをしてみました。

トータルではトントンなのですが、ダウ理論を意識するだけでずいぶんチャートの見え方が変わってきました。
チャートの見え方というよりもトレンドの見え方と言った方が良いのかな。



ダウ理論のみでも利食いのpipsをあらかじめ20pips程度に決めれば、損益率は1を割り込みますが勝率は8割近い結果が今のところバックテストでは出ています。まだまだサンプル数が少ないのでこれからではあるのですが、希望の持てる数値です。ただこのやり方だとときに100pips越えを出す手法だけに勿体ない。
だからと言って、ストップを切り上げていくやり方はある程度長時間、チャートを見れる環境でないと無理です。
その辺で迷っています。

また5分足のみだと精度が低いというかダマシに遭うことが多いので、大きな時間足のフィルターをかけた上で5分足でトレードできると良いなと考えています。


そんな具合で「ダウ理論」で色々とネット検索していると「フィボナッチ」や「エリオット波動」が出てきます。

それらの記事を読んでいて思ったのですが、「値動き」って「波の動き」なんですよね。

上げ下げを繰り返しながら、大きな波や小さな波を生み出していく・・・


あれ?これはもしかして。。

久しぶりにRCIを表示してみました。

ダウ理論をメインに意識しながらRCIを見ていると、結構シンプルに値動きが見えますね。
RCI9が+80以上に来たけど前回高値を超えずに下げ始めたので、これは下げ転換かな?とか、予測ができるんです。

ダウ理論のみだと、この後前回安値を切り下げるまで待ってエントリーですが、RCIで予測ができるようになれば高値付近でショートエントリーが可能ですから、前回高値のちょっと上で良いのでストップ幅も短くて済みます。

ダウ理論は値動きの結果でトレンドを判断します。
RCIは波の動きである程度、未来を予測します。

この組み合わせは最強かもしれませんね。



2010/04/24 07:54|未分類CM:4

 

自分のブログを遡って読んでみると、去年の今頃はRCI使ってたんですね。

しかもデモで300万から500万まで増やしていて、数度の損切りでそれ以上に失っていました。
要はまだ損切りができてなかったということ。

RCIの動きでは撤退箇所を判断できずに、損切りができてなかった。
RCIは含み損を抱えれば抱えるほど数値としては3重3頂に近い数値になっていきますので、ますます粘ってしまうんですね。

しかし、値動き重視でダウ理論を使えば「ショートエントリーしたが、前回高値を更新したのでここは撤退しよう」と判断できます。

RCIの短所:
トレンドが強いと上限や下限に張り付くため、どこで反転するかはあくまで予想となる。

RCIの長所:
3本揃うことで、大きなトレンドがそろそろ来るだろうなと予想できる。


ダウ理論の長所:
トレンドの判断のポイントが明確なので、エントリーやストップのOCO注文が可能。

ダウ理論の短所:
トレンドがどこまで続くか分からないので利食いが難しい。



こうやって比較してみると互いが互いを補完できるのではないか?と考えてます。
僕が考えているトレードはこうです。(ショートの場合)

①RCIで日足を見て大きなトレンドの方向を計る。
②次にRCIの1時間足でRCI52が頂上を迎えるのを待つ。
③転換時期が来たら、5分足でダウ理論のみでエントリー。ストップは直近高値。
④ストップにかからなければ1時間足のRCI9が-80以下になるのを待って利食い。


こうすれば、ストップの位置も明確ですし、大きな波の時点でしかトレードしないので5分足ダウ理論もダマシに遭いづらいのかなと思います。

過去チャートでざっと見てみたところ、機能してます。後は実戦の中で問題点を見つけていくしかないですね。

2010/04/25 08:34|未分類CM:0

 

さあ、今日からゴールデンウィークですね!

私も明日(30日)有給休暇をもらいましたので7連休です^^

今週は「1時間足でRCIを用いて大きな流れを読み、5分足でダウ理論を用いてエントリーする」という手法を用いて数回トレードしてみました。

23時からのトレ-ドだったため、つまみ食いのようなトレードではありましたがトータルで+60pipsほど取れてます。RCIは1時間足以上で判断すると迷いが少ないかなと思いました。

5分足のチャートではRCIは表示せずにZIGZAGのみにしています。

以前はエントリーを逆張りでしていましたので、メンタル的に「早くエントリーしないとチャンスを逃してしまう」という気持ちが強かったのですが、今回はエントリーポイントに逆指値注文で待ち構えていますので、逸る気持ちは抑えられています。

RCIしていて、最もしがちなのがフライング、それと損切り外しでした。

今回、ダウ理論を用いることでそれらを抑えられます。

まだ試行錯誤の手法ですが、リアルトレードしながら固めていけたらなと思います。


さて、今日のユーロ円ですが

週足、日足ともに下げを示しています。
1時間足でもRCI26とRCI9が頂上を迎えつつあるので、5分足でダウ理論を用いてショートエントリーしてみたいと思います。

追記)10:30
1時間足RCI9が底に来たこと、RCI52が上向きになったことからいったん決済しました。
    +21.5pips

    RCI9が+80以上になるまで待つことにします。

2010/04/29 07:26|未分類CM:1

 


昨日、5分足の高値安値が共に切り下がってきていたので安値ブレイクでショートしたのですが、その後スルスルと上昇してしまいストップに。。-38.0pips
1時間足のRCI9が+80以上に到達していたので「売っても良いかな」という気持ちがありました。しかし、RCI52は上昇中でした。反省しています。

やはりRCI52に逆らってはいけないですね。

またダウ理論はストップ幅が自分で決められないので、このぐらいの損切り幅になるのは仕方ないところです。
そうなると、てきとうさんが言っていたように大きく勝てる見込みのあるときのみエントリーするようにしないとなかなかトータルプラスに持っていくのは難しいかも。。

しかし、RCIは楽しいですね。シナリオが立てやすいというのがあるので、ワクワクしてきます。
ひとつひとつ課題をクリアして、勝てるように仕上げていきたいですね。

2010/04/30 07:28|未分類CM:0

ホーム 全記事一覧

月別アーカイブ 

最近の記事 

最近のコメント 

相互リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

名言 

FC2カウンター 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

Copyright(C) 2006 目指せ!FXWINNER!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。