技術の向上に近道はありません。しかし、基本を大切に経験を繰り返すことで必ず目標に到達可能だと信じています!

プロフィール 

ヒロシ

Author:ヒロシ
元本126万円から始めて一時は350万円まで増やすも数度の円高に見舞われ、30万円に・・・
いったんはマーケットからの撤退も考えましたが、欲張らずにやっていこうとスワップ派に転身。
そんな矢先にてきとうさんのブログに出会い、投資手法(RCI3本ライン×ボリンジャーバンド)に感動。投資に対する考え方にも影響を受ける。
何度も痛い目にあったことでようやくチャートの必要性に気づく。
2009年にはFBBさんのブログに出会い、「RCI3本ライン×ボリンジャーバンド」の有効性を再認識し、ぜひとも会得したいと試みるが資産は減る一方。
原因は、手法ではなくルールを守れない自分のメンタルにあると気づき、そんなときに出会ったかなえさんの『メントレ』を受講。
ビクトリーメソッドで「メントレ」実践。
が、最強と謳われるビクトリーメソッドですら、結果を出せず。
というか、ルールを守れない自分に悩む。
ふと見つけたパリス昼豚さんのブログで「検証」の重要性を知る。
検証作業を繰り返すうちに「ダウ理論」に着目。
トレンド時に「ダウ理論」は通用するため、あらかじめトレンドが来ることを予測できるRCI3本ラインを補完する。
ある程度、利益は得られたがRCIではどうしても損切を嫌ってしまう自分に限界を感じる。
基本に立ち返り、移動平均線のみでトレードを始める。
2012年、アドさんのブログに出会い、ライントレードを学ぶ。
2014年、「環境認識」「シナリオ」の重要性を再認識し、RCIでトレード再開。
好きな言葉は「量は質に転化する」
ひたすら「経験」を積み、「経験」が「技術」に変化するのが楽しみです。
このブログで「負け組」から「勝ち組」へと成長していく軌跡をみなさんに伝えられたら幸いです。

ホーム 全記事一覧

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

しばらく封印していたRCIを再開します。

やはりこのインジケータは自分に合っているかどうかは別として、好きなんだということが今頃になって分かりました。

ブログの更新は止めていましたが、ダウ理論やトレンドラインを少しずつ勉強してました。

「インジケータは所詮後付だから、なるべく表示しない方が良い」
「勝てる人はローソク足でも勝てる」

そういった言葉によって、RCIは諸悪の根源?のような存在になっていました^^;


しかし、FXがだんだんつまらないもの、

やがて苦痛になり、

しまいには関心が薄れてくる始末。。

FXを始めて間もなく、「てきとうさんのブログ」を興奮して読んでいた頃がなつかしい。

「やはり好きこそものの上手なれ」で、好きなことをしたいと思います。






久しぶりにRCIでトレードしてみましたが、保有が楽です(^^♪ +27pips



という訳で、RCI再開を期にまたブログも更新していけたらな~と思ってます。
スポンサーサイト
2014/08/30 00:30|未分類CM:0

 

てきとうさん
FBBさん
佐野さん(ビクトリーメソッド)
パリスさん
アドさん
GT5さん

過去から現在に至るまでの私のFXの師匠達です。

私のFX歴もこのブログスタート時期とほぼ同じようなものですから、かれこれ7年になります。

その間、RCI、ボリンジャーバンド、ローソク足のみ、移動平均線、トレンドライン、ダウ理論と様々な武器を使用してきました。まだどれも結果が出ておりませんが。。。

7年の経験の中で分かったことは「環境認識」の重要性。
ようはレートがどの方向に動こうとしているのか?
ストップ幅をどうするかとか、どこでエントリーするかよりも大切。


人間が今までできないことができるようになるには、同じことを反復することが最も重要だと私は思ってます。
「天才」「才能」って言葉は好きではありません。
反復し、トライ&エラーを繰り返して、上手になっていく。
FXも同じだと思います。
なぜFXが難しいか?
それは、そこの部分にメンタルが関わってくるからだと思うんです。
そもそも何を反復すべきかも自分で決めなければなりません。
そのスタンスを決めて、それを継続して初めてスタートラインです。

決めるためには、上級者の意見を参考にするか、自ら経験をして学んでいくか。
さらに決めた後も、そのスタンスを疑わないで継続しなきゃならないんです。
例えばセンター試験に出る確率が低い問題集をあらゆる時間を犠牲にしてまで、反復できますか?
反復継続するモチベーションはどこから来るんですか?
それは、「今、自分が正しい道を進んでいる」という確信です。
それがないと、そこに時間を投資し続けるのは難しい。

私は7年かかって、「環境認識」が大切だと知りました。
複数の時間足を把握し、整合を取った上でエントリーすることが大切です。

そこの部分でRCI3本×ボリンジャーバンドはきめ細かくシナリオを作成できます。
シナリオを立てて、トレードし、そこでトライ&エラーを積み重ねていきたい。
「失敗ありき」のスタンスで、トレードを楽しみたいですね。







2014/08/31 00:00|未分類CM:0

 

【月足】
EURUSD月足
(現状)
緩やかに高値が切り下がり、安値が切りあがっている。
RCI9は下降中で上昇していたほかのRCIも下を向いている。
レートはボリンジャーバンド+2σから下げており、現在-1σ付近。

(予測)
流れから行くと、バンド-2σを目指している。
-2σまでは300pips以上あるので、戻り売りを仕掛けたい。
ただしRCI9が底に着いたらいったん反発上昇の可能性が高まるため、そこからはロングもあり。
そのタイミングがー2σかー3σ、トレンドラインのどれになるのかは判らない。

【週足】
EURUSD週足
(現状)
RCIはすべて下向き、レートは-2σから-3σへ向かっている。バンドも拡大中。

(予測)
RCI9や26は-100に近いところまで来ており、いわゆる張り付き状態。反発するかもしれないし、さらにこのまま底を張り付くかもしれない。針が振り切っている状態。
RCI52はまだ下げ余地があり、総合的に判断してもまだ下げトレンドが続きそう。
ロングは危険。

【日足】
EURUSD日足
(現状)
RCI3本とも底に張り付き、週足よりも針が振り切っている状態。
レートは-2σに向かっており、バンドも拡大中。
7月1日に+2σで反発してからはMAと-2σを行き来している。

(予測)
張り付きもいつまでもは継続しないだろうと思われる。
そろそろRCI9が上昇し、MAを目指しての戻りが入るのでは?
ただし、そのタイミングは日足からは読み取れない。

【4時間足】
EURUSD4時間足
(現状)
長いレンジ状態を下にブレイクし、大きく下降中。
RCI3本とも下向き、MAも下向き。
レートは-2σ付近。バンドも拡大中。

(予測)
下にブレイクしてからは、2度RCI9が+80以上になっているんですが、そのタイミングが戻り売りのタイミングです。
22日のときはMA、28日は+2σを突破。
この2つの事実からも、下への勢いは弱まりつつある?
次の戻りはRCI3本3重大底からの上昇であれば、戻り高値である28日のレートを更新する可能性もある。

【戦略】
4時間足のRCI9が天井になるタイミングで、レートが+2σ辺りにあれば戻り売り狙いで行きたい。
ただし、RCI26も上昇を始めれば、大きな上昇となる可能性が出てくるので、リスクはあるものの1時間足以下でロングのタイミングを計るのも面白いかも。




2014/08/31 20:00|未分類CM:0

ホーム 全記事一覧

月別アーカイブ 

最近の記事 

最近のコメント 

相互リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

名言 

FC2カウンター 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

Copyright(C) 2006 目指せ!FXWINNER!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。