FC2ブログ

技術の向上に近道はありません。しかし、基本を大切に経験を繰り返すことで必ず目標に到達可能だと信じています!

プロフィール 

ヒロシ

Author:ヒロシ
元本126万円から始めて一時は350万円まで増やすも数度の円高に見舞われ、30万円に・・・
いったんはマーケットからの撤退も考えましたが、欲張らずにやっていこうとスワップ派に転身。
そんな矢先にてきとうさんのブログに出会い、投資手法(RCI3本ライン×ボリンジャーバンド)に感動。投資に対する考え方にも影響を受ける。
何度も痛い目にあったことでようやくチャートの必要性に気づく。
2009年にはFBBさんのブログに出会い、「RCI3本ライン×ボリンジャーバンド」の有効性を再認識し、ぜひとも会得したいと試みるが資産は減る一方。
原因は、手法ではなくルールを守れない自分のメンタルにあると気づき、そんなときに出会ったかなえさんの『メントレ』を受講。
ビクトリーメソッドで「メントレ」実践。
が、最強と謳われるビクトリーメソッドですら、結果を出せず。
というか、ルールを守れない自分に悩む。
ふと見つけたパリス昼豚さんのブログで「検証」の重要性を知る。
検証作業を繰り返すうちに「ダウ理論」に着目。
トレンド時に「ダウ理論」は通用するため、あらかじめトレンドが来ることを予測できるRCI3本ラインを補完する。
ある程度、利益は得られたがRCIではどうしても損切を嫌ってしまう自分に限界を感じる。
基本に立ち返り、移動平均線のみでトレードを始める。
2012年、アドさんのブログに出会い、ライントレードを学ぶ。
2014年、「環境認識」「シナリオ」の重要性を再認識し、RCIでトレード再開。
好きな言葉は「量は質に転化する」
ひたすら「経験」を積み、「経験」が「技術」に変化するのが楽しみです。
このブログで「負け組」から「勝ち組」へと成長していく軌跡をみなさんに伝えられたら幸いです。

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

昨日から今日にかけてまたもや大失敗を犯してしまいました。
もう詳細は述べません。(というか述べたくありません)いつものパターンですから。

そんな落ち込んだ気持ちのときに為替鬼さんのブログを読みました。
スキャルで成功されている為替鬼さんですが、今年の正月には大損失を経験しているんですね。

為替鬼さんは、その後の現在に至るまでの道のりは、理詰めでデータの検証を何度も何度も繰り返しています。
努力の積み重ねの結果、復活をされています。
記事を読んでいて、正直これほどの行動は自分には真似できません。
これだけの努力をされていて、実績も残しているのにもかかわらず、謙虚にさらなる努力・工夫をされています。

私たち普通の人間がこの「勝ち組」に入るのは本当に可能なのだろうか?
ここまでFXに犠牲を払わないと勝てないのだろうか?
本気で思いました。
「勝ち組」って自分が思っているよりもずーっと遠く果てしないのではないか?と。

ましてや「損切」「根拠の無いエントリー」「衝動的な飛び乗り」等の基本中の基本さえ
守れていない自分が、勝てるわけがないです。

ではこんな私にできることは何か。
それは、まず「ルール」を守ること。これに尽きるのでしょう。これができるようになって初めてスタートラインなのかなと。
FXは『為替鬼さん』や『てきとうさん』みたいな人たちと同じリングで戦っているわけですから、
パンチを繰り出そうとする前にヘッドギヤーを着けるとか致命傷を受けないガードの仕方とかを先に準備しておかないと1発でノックアウトが落ちです。

この『ルールを守る』という行為は、簡単なようで物凄く難しいです。
自分の欲との戦いですので、利益を上げたいと思えば思うほどルールを破ってしまいます。
きっとルールを守るにはそういった『欲』を打ち消すほどの『失望』や『恐怖心』が必要なのかもしれません。
それが常に念頭にある方たち、(地獄を見てきた方たち)は欲をコントロールできるのだろうと思います。
人間は痛い思いをして初めて謙虚になれる生き物なのかもしれません。

『為替鬼さん』や『wakaさん』、『ESTの石田さん』は間違いなく地獄を見ています。
その経験が、勝ち組になるための切符なのかもしれないと思いました。(切符を手にしても列車に乗らなければそれまでですが)
勝っている人たちは口を揃えて「メンタルの重要性」を言っています。では、メンタルとは何か?
常にリスク管理を怠らない、謙虚な心を持つことです。

それを守ることは非常に難しいと言えますが、私たちはそれができる方たちと、同じリングに立っているのです。
FXはゼロサムゲームと言われています。勝つ人の利益はもとは負けた人のものです。

優秀なトレーダーは確実に損切をしていきます。-10pips,-5pips,-8pips・・・というふうに。
それを私たちは利益に替えることはできますが、勝ちが続くと次第に驕りがでてきます。
そうなると、もう負けを認めたくありませんので、損切が遅れ始めます。
そして、大きなトレンドが発生して一気に大きな損失を抱えてしまいます。
そのときに優秀なトレーダーは先ほどの損失を帳消しにして余りある利益を手にしています。

そのようにして考えると「損切り」は大魚を釣るためのえさですね。
絶えずトレーダーは間違えるという謙虚さを忘れてはいけません。

まずは「ルール」を守り、年末に現在と同じ残高で来年を迎えられれば、それは基礎体力がついたと言えるのかも知れません。
そういった謙虚な気持ち?で再度取り組みたいと思いました。

スポンサーサイト



2008/10/30 18:06|未分類TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://bmwx3.blog33.fc2.com/tb.php/263-62f3111b

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

月別アーカイブ 

最近の記事 

最近のコメント 

相互リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

名言 

FC2カウンター 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

Copyright(C) 2006 目指せ!FXWINNER!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.