FC2ブログ

技術の向上に近道はありません。しかし、基本を大切に経験を繰り返すことで必ず目標に到達可能だと信じています!

プロフィール 

ヒロシ

Author:ヒロシ
元本126万円から始めて一時は350万円まで増やすも数度の円高に見舞われ、30万円に・・・
いったんはマーケットからの撤退も考えましたが、欲張らずにやっていこうとスワップ派に転身。
そんな矢先にてきとうさんのブログに出会い、投資手法(RCI3本ライン×ボリンジャーバンド)に感動。投資に対する考え方にも影響を受ける。
何度も痛い目にあったことでようやくチャートの必要性に気づく。
2009年にはFBBさんのブログに出会い、「RCI3本ライン×ボリンジャーバンド」の有効性を再認識し、ぜひとも会得したいと試みるが資産は減る一方。
原因は、手法ではなくルールを守れない自分のメンタルにあると気づき、そんなときに出会ったかなえさんの『メントレ』を受講。
ビクトリーメソッドで「メントレ」実践。
が、最強と謳われるビクトリーメソッドですら、結果を出せず。
というか、ルールを守れない自分に悩む。
ふと見つけたパリス昼豚さんのブログで「検証」の重要性を知る。
検証作業を繰り返すうちに「ダウ理論」に着目。
トレンド時に「ダウ理論」は通用するため、あらかじめトレンドが来ることを予測できるRCI3本ラインを補完する。
ある程度、利益は得られたがRCIではどうしても損切を嫌ってしまう自分に限界を感じる。
基本に立ち返り、移動平均線のみでトレードを始める。
2012年、アドさんのブログに出会い、ライントレードを学ぶ。
2014年、「環境認識」「シナリオ」の重要性を再認識し、RCIでトレード再開。
好きな言葉は「量は質に転化する」
ひたすら「経験」を積み、「経験」が「技術」に変化するのが楽しみです。
このブログで「負け組」から「勝ち組」へと成長していく軌跡をみなさんに伝えられたら幸いです。

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

ストップの位置については、今までエントリーしてから○○pipsとしていました。

本を読んで知ったのですが、それではストップにかかって当たり前みたいです。

「ストップを入れてはいけない場所は、トレンドライン、移動平均線、前の高値安値・・・・等基準となる数字などのテクニカル水準の近く」とあります。

こう考えると、ストップの位置を先に決めて、そこから損しても良い値幅でエントリー位置を決める。
そういったトレードができるようになると、無謀な?エントリーが減るのかなと思います。

「相場の通常のトレーディングレンジの外側」におくことが望ましいのですが、このレンジは、ボラティリティであり時間帯によって変化してきます。一定ではありません。
ボリンジャーバンドの幅が広がるのもそうです。

あ!!そこまで考えて、気づいたんです。
てきとうさんのRCIとボリンジャーバンドの手法は理にかなっているってことを。

ボリンジャーバンドとは、
「-1σ」~「+1σ」の間に値が存在する確率は68.3%
「-2σ」~「+2σ」の間に値が存在する確率は95.5%
「-3σ」~「+3σ」の間に値が存在する確率は99.7% と定義されています。

2σで反転する確率はかなり高いのです。私は、RCIのみを重視する傾向があり、結構この高確率のバンド内でエントリーとストップを設定してました。
3σやその外にストップを置くことを前提としたエントリーができるようになれば、ストップにもかかりにくくなるのではないでしょうか。
値がどの方向に動いていくか(トレンドの方向)を誤っている時がストップということになります。
そうなれば、「トレンドの方向はあっていたのに、ストップにかかってしまった」ということが減ってくると思います。

トレンドラインや高値安値を意識していなかった私にとっては、この「ボリンジャーバンドの2σで仕掛ける」だけでも、かなりのリスク低減にはなっていたのですね。奥が深いです。。


スポンサーサイト



2008/11/16 16:55|未分類TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://bmwx3.blog33.fc2.com/tb.php/277-200db345

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

月別アーカイブ 

最近の記事 

最近のコメント 

相互リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

名言 

FC2カウンター 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

Copyright(C) 2006 目指せ!FXWINNER!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.