FC2ブログ

技術の向上に近道はありません。しかし、基本を大切に経験を繰り返すことで必ず目標に到達可能だと信じています!

プロフィール 

ヒロシ

Author:ヒロシ
元本126万円から始めて一時は350万円まで増やすも数度の円高に見舞われ、30万円に・・・
いったんはマーケットからの撤退も考えましたが、欲張らずにやっていこうとスワップ派に転身。
そんな矢先にてきとうさんのブログに出会い、投資手法(RCI3本ライン×ボリンジャーバンド)に感動。投資に対する考え方にも影響を受ける。
何度も痛い目にあったことでようやくチャートの必要性に気づく。
2009年にはFBBさんのブログに出会い、「RCI3本ライン×ボリンジャーバンド」の有効性を再認識し、ぜひとも会得したいと試みるが資産は減る一方。
原因は、手法ではなくルールを守れない自分のメンタルにあると気づき、そんなときに出会ったかなえさんの『メントレ』を受講。
ビクトリーメソッドで「メントレ」実践。
が、最強と謳われるビクトリーメソッドですら、結果を出せず。
というか、ルールを守れない自分に悩む。
ふと見つけたパリス昼豚さんのブログで「検証」の重要性を知る。
検証作業を繰り返すうちに「ダウ理論」に着目。
トレンド時に「ダウ理論」は通用するため、あらかじめトレンドが来ることを予測できるRCI3本ラインを補完する。
ある程度、利益は得られたがRCIではどうしても損切を嫌ってしまう自分に限界を感じる。
基本に立ち返り、移動平均線のみでトレードを始める。
2012年、アドさんのブログに出会い、ライントレードを学ぶ。
2014年、「環境認識」「シナリオ」の重要性を再認識し、RCIでトレード再開。
好きな言葉は「量は質に転化する」
ひたすら「経験」を積み、「経験」が「技術」に変化するのが楽しみです。
このブログで「負け組」から「勝ち組」へと成長していく軌跡をみなさんに伝えられたら幸いです。

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

FXで勝つためには、克服しなければならないことが数多くあると思います。
その勝つためのスタートラインに立つまでにも突破すべき難関があります。

①「楽して儲ける」なんて幻想だと気づくこと
まず、これに時間がかかると思います。ネット上では、情報が溢れていますので、どこかに探せばあるのではないかという気持ちを拭い去るのは簡単なようでなかなか難しいものです。
ですので、あれだけ情報商材が巷に溢れ出るのだと思います。(私も相当買いましたが^^)

②「何に努力すればよいのかという迷い」
これはいかに自分に合う手法を見つけて、それに一途に努力できるかです。
手法に腹が決まらないと、いつまで経っても次のレベルに上がるための努力(検証)すらすることが難しいと思います。
別の言葉で言えば、「手法を心底信じきれるか」「うまくいかないことが多少あっても、手法に対して気持ちがぶれないか」です。
検証して、問題点を把握して、そこを自分なりに考えて、また検証する。
それを繰り返しながら、スキルが身についていくのだと思っています。
FXで勝っている人たちの手法で共通しているのは「負けない」手法です。

「勝つ手法」ではなく「負けない手法」?何が違うのでしょうか?
「負けない手法」とは、すなはち「ギャンブル」をしていないことなのではないかと思うんです。
「負ける要素」がある場合は、エントリーを見送るとか、損切をきちんとするとか。。

それが「真理」なのかなあと最近、思います。
そう考えると、それを実行するためには実は手法よりもメンタルが大切というのもそこです。
普通、感覚的に「勝ち」に行きますよね。だからトレードしなければならないと焦ります。でも違うんです。
負けなければいいんです。そういう意識でいることがきっと大切なんだと思います。
私が現在取り組んでいる「損切」と「待つ」だって、そういうことなんだと思います。
でも、これが簡単なようで難しい。近いようで遠い。気づきそうで気づかない。ほんと奥が深いです・・・
ですので「ルールが大切」と皆さん言われるんです。そしてルールを守るには、「このルールを守っていれば、いつか高みに登れる」といったルールに対する信頼が必要になります。
ルールを守っていても負けることはありますから。

こういう1つ1つのパーツが最近、私の中で繋がりつつあります。


①をクリアできないと②は当然できません。心のどこかでまだ「青い鳥」を探していますから。
(①に対して努力するというのもありかもしれませんが・・)

私は①と②がクリアできて、スタートラインだと思っています。

これから、また色んな難題が出てくるとは思いますが、私は思うんです。

『努力することを腹に決めた人間は強い』と。

それはなぜか?失敗を恐れず、失敗から学ぼうとしているからです。逆に失敗(損切)がないと「答え」が見つからない。
目標を定め、その目標に対して努力している上での失敗はすべて肥やしです。
まだ①の幻想を追い求めている人は失敗はなるべく避けたいはずです。動機が「楽して儲けたい」のですから。

私はいろんな方のブログや書籍を読むにつれて、勝っている方は「人格者」が多いことに気づきました。
「人格者」だから勝てるのか、勝ったから「人格者」なのかはわかりませんが、相関関係はあるように思います。

私が、努力することに覚悟を決めたのもそういった背景があります。
そして、覚悟を決めたとたん、「気づく」ことが増えてきたのも事実です。
逆に言えば、今までが気づく機会があったのにもかかわらず、見落としてきたのかもしれません。
努力するにあたって、私は勝っている方の真似から始めてます。手法だけでなく、考え方も参考にしています。
幸いにも、ブログを読めば参考にすることは可能です。ただその方と同じ感覚になるためにはどうしても経験が必要です。
ここでの「経験」とは「トレード回数や費やした時間」ではなく「気づくこと」だと思います。
自分で気づかないと駄目なんです。ヒント(答えではないです)はいくらでも転がっています。
何度も失敗して、それでも前を向いて、そして感覚を研ぎ澄ましていく。。そんなイメージです。

このような内容は、本来実績を出してから書くべきなのでしょうが、私はあえて負けている今のうちから書きたいのです。
それは、私がもし運良く「勝ち組」になれたとして、「負け組」のときにどのように考えてトレードしていたのかを残すことには意味があると思うからです。

ですので、このブログには嘘偽りのない、そのときそのときの「気づき」や「苦悩」をできるだけ書くようにしています。
発展途上中ですので、間違ったことも当然書きます。そういうことも含めて、すべて(私には)意味があることだと思ってます。
そのときは叱咤激励をお願いします。それも肥やしになりますので。^^


スポンサーサイト



2009/02/23 17:43|未分類CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

月別アーカイブ 

最近の記事 

最近のコメント 

相互リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

名言 

FC2カウンター 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

Copyright(C) 2006 目指せ!FXWINNER!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.