FC2ブログ

技術の向上に近道はありません。しかし、基本を大切に経験を繰り返すことで必ず目標に到達可能だと信じています!

プロフィール 

ヒロシ

Author:ヒロシ
元本126万円から始めて一時は350万円まで増やすも数度の円高に見舞われ、30万円に・・・
いったんはマーケットからの撤退も考えましたが、欲張らずにやっていこうとスワップ派に転身。
そんな矢先にてきとうさんのブログに出会い、投資手法(RCI3本ライン×ボリンジャーバンド)に感動。投資に対する考え方にも影響を受ける。
何度も痛い目にあったことでようやくチャートの必要性に気づく。
2009年にはFBBさんのブログに出会い、「RCI3本ライン×ボリンジャーバンド」の有効性を再認識し、ぜひとも会得したいと試みるが資産は減る一方。
原因は、手法ではなくルールを守れない自分のメンタルにあると気づき、そんなときに出会ったかなえさんの『メントレ』を受講。
ビクトリーメソッドで「メントレ」実践。
が、最強と謳われるビクトリーメソッドですら、結果を出せず。
というか、ルールを守れない自分に悩む。
ふと見つけたパリス昼豚さんのブログで「検証」の重要性を知る。
検証作業を繰り返すうちに「ダウ理論」に着目。
トレンド時に「ダウ理論」は通用するため、あらかじめトレンドが来ることを予測できるRCI3本ラインを補完する。
ある程度、利益は得られたがRCIではどうしても損切を嫌ってしまう自分に限界を感じる。
基本に立ち返り、移動平均線のみでトレードを始める。
2012年、アドさんのブログに出会い、ライントレードを学ぶ。
2014年、「環境認識」「シナリオ」の重要性を再認識し、RCIでトレード再開。
好きな言葉は「量は質に転化する」
ひたすら「経験」を積み、「経験」が「技術」に変化するのが楽しみです。
このブログで「負け組」から「勝ち組」へと成長していく軌跡をみなさんに伝えられたら幸いです。

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

ダメな自分を救う本―人生を劇的に変えるアファメーション・テクニックダメな自分を救う本―人生を劇的に変えるアファメーション・テクニック
(2006/03)
石井 裕之

商品詳細を見る


連休中に注文していたのですが、昨日届いて、先ほど読破しました。

「潜在意識は『ないもの』を理解できない」「潜在意識は倍々ゲームで成長する」など、読んでいてとてもモチベーションが湧いてきます。

潜在意識は「ピンクの象をイメージしてはいけません」と言われても理解できないそうです。
否定形の文章が理解できないんですね。

また、例えば1ページ0.1ミリの厚さの紙を毎日積み重ねていくとした場合、0.1ミリ、0.2ミリ、0.3ミリ・・・と増えていきますが、
潜在意識の成長は紙を二つ折りにしていく要領で増えていくそうです。

この場合、1か月を待たずして、富士山を楽々追い抜き、1ヶ月後の31日目には宇宙にまで到達するそうです。

0.1ミリ厚の紙がですよ!!

ですので、最初の成長が微々たるものでも途中から加速していく訳です。
まさしく僕らの好きな複利計算ですね。


さらに「今、この瞬間に何ができるか」という考え方には、何度も頷いてしまいました。
私も本は読んでいても、行動が伴わないことが多いので、「できない」ことに捉われずに「ほんのささいなことでもできること」を行動することは大切なことだなと思いました。

結局、ビルゲイツもイチローも「できること」を積み重ねてあそこまで到達しているのですから。



スポンサーサイト



2010/03/24 21:35|未分類CM:2

コメント

ヒロシさんは本の紹介が上手ですね。買おうかな~(¬з¬)
そんな凄いスピードで増えていくなら、焦らず、きちんと0.1mmの実力を作らなくてはねっo(^-^)o
ささこ #ek.3C4W2|2010/03/24(水) 23:23 [ 編集 ]

ささこさんへ
買ってください!!^^
アマゾンのレビューを見てもらっても分かると思いますが、これはあたりですよ。

私が今まで読んだ本の中で「潜在意識」の説明が最も具体的で分かりやすい内容となってます。
ヒロシ #-|2010/03/24(水) 23:45 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

月別アーカイブ 

最近の記事 

最近のコメント 

相互リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

名言 

FC2カウンター 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

Copyright(C) 2006 目指せ!FXWINNER!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.