FC2ブログ

技術の向上に近道はありません。しかし、基本を大切に経験を繰り返すことで必ず目標に到達可能だと信じています!

プロフィール 

ヒロシ

Author:ヒロシ
元本126万円から始めて一時は350万円まで増やすも数度の円高に見舞われ、30万円に・・・
いったんはマーケットからの撤退も考えましたが、欲張らずにやっていこうとスワップ派に転身。
そんな矢先にてきとうさんのブログに出会い、投資手法(RCI3本ライン×ボリンジャーバンド)に感動。投資に対する考え方にも影響を受ける。
何度も痛い目にあったことでようやくチャートの必要性に気づく。
2009年にはFBBさんのブログに出会い、「RCI3本ライン×ボリンジャーバンド」の有効性を再認識し、ぜひとも会得したいと試みるが資産は減る一方。
原因は、手法ではなくルールを守れない自分のメンタルにあると気づき、そんなときに出会ったかなえさんの『メントレ』を受講。
ビクトリーメソッドで「メントレ」実践。
が、最強と謳われるビクトリーメソッドですら、結果を出せず。
というか、ルールを守れない自分に悩む。
ふと見つけたパリス昼豚さんのブログで「検証」の重要性を知る。
検証作業を繰り返すうちに「ダウ理論」に着目。
トレンド時に「ダウ理論」は通用するため、あらかじめトレンドが来ることを予測できるRCI3本ラインを補完する。
ある程度、利益は得られたがRCIではどうしても損切を嫌ってしまう自分に限界を感じる。
基本に立ち返り、移動平均線のみでトレードを始める。
2012年、アドさんのブログに出会い、ライントレードを学ぶ。
2014年、「環境認識」「シナリオ」の重要性を再認識し、RCIでトレード再開。
好きな言葉は「量は質に転化する」
ひたすら「経験」を積み、「経験」が「技術」に変化するのが楽しみです。
このブログで「負け組」から「勝ち組」へと成長していく軌跡をみなさんに伝えられたら幸いです。

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

ダウ理論で過去チャートを検証してみました。

ユーロ円・ダウ理論

とりあえず15分足で12月分と1月分を検証。
リミットは置かずにストップ幅を切り上げ(切り下げ)ていく方法ですが、リミットを決めるよりもこのやり方が最もパフォーマンスは良かったです。
持合い時期のどの高値安値をエントリーポイントにするかで結果は変わってくると思いますので、この結果は理想形ぐらいに考えておいた方が良さそうですが。

結果を見ると損小利大ができてますし、思ったより損切り幅が小さいので安心してエントリーできそうです。

2か月分の検証ではありますが、ダウ理論のみで前記事に書いた「収支トントン」はクリアできそうな気がしてきました。
今週から、1000通貨で実際にトレードしてみたいと思います。

スポンサーサイト



2011/01/23 21:12|未分類CM:2

コメント
はじめまして!
はじめまして! ハワイアンと申します。

ヒロシさんのFXの歴史と
自分の歴史が非常に良く似ていたので
とても気になりコメントさせていただきました。

僕も、投資を楽しもうやFBBさんから始まり、
メントレを受けていました。
しかも子持ちなので、年齢と環境が似ているのではないかと
勝手に思っています。

最近はヒロシさんが
昔ご紹介していたかと思うんですが
「FX入門☆為替勉強部屋」を見て
ダウ理論とRCIでトレードしています。
あのサイトでダウ理論の強さを認識しました。

ヒロシさんのように資産が順調に増えていませんが、
僕は長い足でダウ理論を実践し
自分のものにしていこうと思っています。

長い足でなにか発見がありましたら
参考にはならないかと思いますが
勝手にご報告させていただきます。

失礼します
ハワイアン #-|2011/01/24(月) 16:07 [ 編集 ]

ハワイアンさんへ
コメントありがとうございます。

私もダウ理論を複数の時間足で組み合わせることができれば最強だと思います。
ハワイアンさんからの報告を楽しみにしています^^
私も気づいたことがあれば、記事にしていきますのでどうぞよろしくお願いします。
ヒロシ #-|2011/01/24(月) 22:22 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

月別アーカイブ 

最近の記事 

最近のコメント 

相互リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

名言 

FC2カウンター 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

Copyright(C) 2006 目指せ!FXWINNER!! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.